12月22日まで 2019 VOLVO of the YEAR 投票受付中!サイドメニューか記事下リンクより投票画面へお進みください!

S60 T4 Momentumの適性価格を考える

ボルボS60の登場で、購入意欲の上がっている人も多い事でしょう。

実際、ボルボらしい無骨さも感じる真面目なセダンである新型S60は、スタイリングの良さ、V60と同じゆったりとした室内など、セダンとしての機能も素晴らしいものです。

さて、今回私まこまちが一番に残念に思っている事があります。それは「価格」。T4 Momentumの価格、なぜV60 T5 Momentumと20万円しか違わないのでしょうか。日本での価格設定が正しいものなのかを確認する為、ボルボスウェーデンの公式サイトにある見積もりツールで、実際に価格のシミュレーションを行ってみました。

 

なお、なぜ今回ボルボスウェーデンでの見積もりシミュレーションを使っているかと言えば、英語表記で見やすい「イギリス」にはMomentum自体が存在しないことになっているからです。スウェーデン語は正直わかりづらいのですが、翻訳機能をフルに使って価格を導き出してみました。

VOLVO S60 リア形状にうっとり

S60 T4 Momentumの正しい価格を算出

まずは、トップページ で「T4 Momentum Advance Edition」を選びます。

この選択によって、以下の装備は装着されます。

  • T4 190psエンジン
  • フロントフォグランプ
  • Intellisafe Assist
  • パーキングセンサー
  • 360度ビューカメラ
  • ウインドウのクロームモール
  • ドライブモードの選択機能
  • キーレスエントリー(日本ではレザーパッケージとのセットオプション)
  • キーレススタート
  • 電動テールゲート
  • KEYTAGリモコン(日本ではレザーパッケージとのセットオプション)
  • 室内照明(アンビエントライトのことと思われます。)

日本のMomentumは海外では「Momentum Advance Edition」がベースのようで、拡張安全機能の「Intellisafe Assist」が含まれています。

さらに、オプションの「テクノロジーパッケージ」を選択。

以下のオプション装備が装着されます。

  • ナビゲーションシステム
  • オートライト
  • アクティブベンディング機能
  • スマートフォン連携

さらにオプションとして、

  • 日焼け止めフロントガラス
  • フロアマット

をセット。

エクステリア、インテリアはオプション設定をしません。安全装備の「Intellisafe Surround」は搭載。これで 362,590スウェーデンクローナです。

S60 T5 Inscription の正しい価格を算出

ここでグレードを「Inscription」へ変更します。

するとエンジンを聞いてきますので、「T5」を選ぶ事になります。

オプションで「ラウンジパッケージ」を選択します。このオプションによって、

  • ファインナッパレザーシート
  • 助手席電動シート
  • マッサージ機能
  • 電動エクステンション機能
  • 各椅子のメモリー機構

 

個別で以下のオプションを装着します。

  • Harman/Kardonサウンドシステム

これで461,500スウェーデンクローナです。

 

スポンサーリンク

スウェーデン での S60の価格

見出し用写真 VOLVO V60

1スウェーデンクローナは、およそ11円〜11.5円です。今回は11.5円で計算します。

スウェーデンでのS60の価格

日本の仕様にあわせてオプションを設定した結果がこちらです。

Inscriptionのファインナッパレザーは、スウェーデンではオプション装備。他にも様々なオプションセットでグイグイと値をあげていくS60 T5 Inscription日本版。

スウェーデン 価格 スウェーデン クローナ
S60 T4 Momentum 362,590 ¥4,169,785
S60 T5 Inscription 461,500 ¥5,307,250

T4 MomentumとT5 Inscriptionとの差額は約110万円。この差額は、日本でのT4 MomentumとT5 Inscriptionとの差額に近いことがわかります。

日本 税抜き価格
S60 T4 Momentum 4,890,000円
S60 T5 Inscription 6,140,000円

スウェーデンでの価格が税込みなのかはわかりませんが、同じシステムを使用すると考えて税込み価格だとすれば、スウェーデン での価格差約110万円は、日本での価格差113万円とほぼ同じだということがわかります。

この計算からわかったのは、T4 MomentumとT5 Inscriptionの価格差は、ボルボ本社で仕組まれたものだという事です。

それにしても、スウェーデンと日本との価格差が大きいですね。およそ60万円〜70万円差が生まれます。いくら船で移動するとしたって、代行業車をつかったとしても20万円はかからないのが自動車の海上輸送と現地での登録費。70万円は高すぎますね。

さて、以下からはT4エンジン搭載車の価格を調べていきます。

S60とV60 Momentumの価格差

V60 T5 Momentumとの価格差を調査。オプション設定はS60 Momentumと同じにします。

車どうしの価格差を見る為、ここでは日本へは入ってこない、真のMomentumを選びます。

スウェーデン 価格 スウェーデン クローナ
S60 T4 Momentum 324,900 ¥3,736,350
V60 T4 Momentum 324,900 ¥3,736,350

オプションは最低限にしましたが、標準でついてしまい外せない装備はそのままにしています。なんだ、やろうと思えば400万円ちょうどくらいの価格帯だっていけるじゃないさ。

結果、まったく同じ価格になりました。ボルボの中では、S60とV60の価格差は無いものとなっているようですね。

V60を使ってT4 T5の価格差を調査

S60とV60とが同じ価格であるというのなら、T4エンジンとT5エンジンの価格差はV60を使って調査しても良いことになります。

スウェーデンボルボにおいて、S60にはT5のMomentumはありませんが、V60にはT4、T5のMomentumが存在します。これにてエンジンの価格差を調査しましょう。

スウェーデン 価格 スウェーデン クローナ
V60 T4 Momentum 324,900 ¥3,736,350
V60 T5 Momentum 354,900 ¥4,081,350

およそ、34万5千円の価格差でした。

ということは。。。?

スウェーデンではS60はV60と同じ価格で考えられています。ならば、仮に「S60 T5 Momentum」があったとして、その価格は「V60 T5 Momentum」と同じ、つまり「508万円(2019年11月時点)」よりも34万円安くする必要があります。

S60のT4 Momentumはの適性価格は、474万円くらいで販売するのが常識的と言えますね。しかし差額はこれだけなのでしょうか?

S60とV60のInscriptionの価格差

では、S60とV60のInscriptionどうしの価格はどうなのでしょうか?上記のスッピンでInscriptionをお互いに選んで、Inscriptionの標準装備を整えます。

スウェーデン 価格 スウェーデン クローナ
S60 T5 Inscription 389,000 ¥4,473,500
V60 T5 Inscription 403,000 ¥4,634,500

同じ価格ではなく、S60のほうが安いです。見る限り、標準装備に若干の違いこそありますが、V60についた装備はアルミルーフレールだけ。すっぴんMomentumはルーフレールは黒色でした。

アルミ製ルーフレールがある。それを踏まえた上で、16万円の差がつかなくてはならないのですが、日本ではS60のほうが高いのです。

ルーフレールのつかないS60の価格

そう、アルミルーフレールは16万円である、と考えた場合。

日本のV60 T5 Momentumは、スウェーデンのV60 T5 Momentum Advance Edition。これにはアルミルーフレールが加わります。

つまり、S60とV60のMomentumどうしの価格差においては、アルミルーフレール16万円分も計算に入れる必要があります。

先ほど、S60 T4 Momentumの適性価格は474万円とお話しましたが、実際にはさらに16万円を下げて、458万円が適性価格です!

ボルボCIマーク

S60 T4 Momentumの適性価格はやはり 450万円台

以上の計算を踏まえれば、489万円の値付けはおかしいと言えます。

V60 T5 Momentumと、S60 T4 Momentum。エンジンの分の34万円と、アルミルーフレールの分の16万円。あわせて50万円の差が、この2台の差額でなければいけません。

V60 T5 Momentumは2019年11月現在、消費税10%の影響で価格があがりあ、508万円という値付けです。

マイナス50万円すれば、適正価格は458万円

 

そっけないセールス氏

それにしても、S60は随分と高い車になったものです。

これは今までボルボに乗っていた人の総意だと思います。ですが、セールス氏へ質問したところ「そうですか?」とそっけない。この返答には驚きました。

正直に言えば、私はこの返答でボルボの熱が冷めてしまいました。

 

確かに、先代S60よりは高級なのかもしれません。V70ユーザーを取り込む為のV60だというのなら、S80ユーザーを取り込む為のS60だ、と言いたいのかもしれません。

けれども、横置き直列6気筒を積んでいるわけでもなく、上に真のフラッグシップS90がいる状況。T5のディチューン版エンジン「T4」のラインナップ。輸入セダンを駆逐するほどの実力があるわけではない。

V60よりも多少は安く手に入る、そう心待ちにしていたボルボ予備軍だっていたはず。けれども結果は、ボルボ全体でのレッツゴープレミアム。

 

いえ、ここでとやかく言ってもしかたありません。

ボルボを手に入れて、喜んで運転している人は多い。その事実は揺るぎません。ボルボが良い車であることは揺るぎのない事実だ。乗っている方々は自信をもって乗っていてください。

ただ、たった13年であっても古くからボルボを乗り継いでいる人への発言では無かったはずです。価格帯が違いすぎるんだから。

ボルボの高額化、それでも売れる商品の質の高さ。慣れてしまった直営ディーラーのおごり。不安は募るばかりです。

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。