12月22日まで 2019 VOLVO of the YEAR 投票受付中!サイドメニューか記事下リンクより投票画面へお進みください!

新春!2019年のボルボ予想 S60は?マイルドハイブリッドは?クロスカントリーは?

あけましておめでとうとございます。
本年もabout VOLVOをよろしくお願いします。

さて!車種が少ない割に、特別仕様車やカーオブザイヤーで話題の多かったボルボですが、2019年はどの様な年になるのでしょうか?

今までの情報をもとに、今年のボルボを予想してみましょう。

今年ありそうな話題はこちら!

ボルボV60 プラグインハイブリッド追加
ボルボ 全車種にマイルドハイブリッド追加
ボルボV40 新型モデルの発表
ボルボS60 日本導入
ボルボV60 クロスカントリー 日本導入

V60のプラグインハイブリッド追加は、すでに決定事項ですね。春から夏にかけての販売開始です。

では、他の事について見ていきましょう。

ボルボS60発売

出典:Volvo Cars US
https://www.volvocars.com/us/

昨年欧州で発表され、アメリカの新工場の稼働で生産されているセダン。スタイリッシュなデザインは、S90のない今日本では唯一のボルボセダンとなります。

一部のユーザー宛の年賀状には、ボルボS60の写真で年賀状が届いています。
また、昨年からS60の欲しい人には、営業からS60は確実に登場すると話が伝わっています。

このS60は、2019年登場が濃厚です。

できればディーラーは販売力の高い新型車を毎年入れたいはず。せっかく受注2万台を達成した事だし、今度は登録2万台を目指した。

そこで、ニューボディ車としてS60はピッタリです。輸入車セダンは沢山の販売台数を稼げるわけではありませんが、それでもいい。

XC40は相変わらず人気ですから、S60を見に来てXC40に気持ちを揺らげるパターンでもオーケーなわけで、また別の顧客層をディーラーに呼び寄せることができる。ここがポイントでしょう。

ボルボV60クロスカントリー導入

出典:Volvo cars Global News Room https://www.media.volvocars.com/global/en-gb

2018年に欧州で販売開始した、ちょっとだけ背が高いV60。ロードクリアランスを75mm高めた、こいつがまた美しいボディを持って登場しました。

クロスカントリーのデザインは昔から逸品で、樹脂製バンパーなのに元祖よりオシャレになるのだから参ってしまいます。

V40とV40クロスカントリーを見ていただければわかるでしょう。スマートでクリーンなV40と、樹脂製パーツでお洒落なV40クロスカントリー。

もしも4月〜8月に日本導入を企むようなら、VCJはカーオブザイヤーを3年連続で、V60クロスカントリーで取りに行くに違いありません。

欧州より半年から一年遅れて登場する=初期の調整不良をブラッシュアップして登場させられる強みを生かして、XC60譲りの走破性(メカニカルAWD)をまとって登場するV60は、高い実力を伴って出てくるはずです。

そしてもう1つ、ディーゼル車への期待が膨らむのもV60クロスカントリー。車重でV90と同等なので、環境を考えれば燃費の良いモデルが欲しいところ。

V60はTwinEngineAWDだけがラインナップされていますが、V60クロスカントリー2019年1月現在、ガソリンのT5 AWDとディーゼルのD4 AWDのみが欧州でラインナップされています。

マイルドハイブリッドとTwinEngineは後になって登場となっていますので、ひとまずT5とD4を投入してほしい。。。と願ってしまいますね。

V60クロスカントリーについての発表記事はこちらです。

https://www.about-volvo.com/news-newv60cc/

スポンサーリンク

ボルボV40新型車の発表

出典:Volvo car japan https://www.volvocars.com/jp/

ボルボ最小モデルとして販売台数を稼ぐV40ですが、ボルボの一車種8年サイクルに合わせてフルモデルチェンジが期待されています。

日本ではクラシックエディションが発売されて、いよいよモデル末期感が漂い始めてきました。

また、各国ではモデル整理もはじまっていて、Inscriptionの選べない国もあります。新型用にラインの改修を始めているのかもしれません。

デザインとしてはコンセプトモデルの40.2がベースと言われていますが、40.2がセダンボディですので、S40の復活も期待できます。

まだまだ情報が足りないV40ですが、きっと今年、新しいスタイリッシュボディを見せてくれるに違いありません。

そんな中、気になるのは噂されているXC20の存在。XC20はXC40よりもコンパクトなボディで登場すると言われています。

すると、意外と競合しそうなのがV40。伸びやかなデザインのV40と、塊感のあるXC20とで住み分けするとしても、同じハッチバックスタイルである事は否めない。

この2車種をラインナップに持つ必要はあるのでしょうか?

S40は中国需要が見込まれるのでラインナップに加わりそうですが、XC20とV40はどちらかが切り落とされる可能性もありますね。

そして、切り落とされるとすればV40。世界的に見てもワゴンボディよりもSUVの方が売れています。V60よりもXC60が売れているのが何よりの証拠。

ボルボコンパクト覇権争いは、2019年開幕です!

マイルドハイブリッドの追加

XC40 ドライビング
出典:Volvo car japan https://www.volvocars.com/jp/

2019年、ボルボは全ラインナップに電動化モデルを投入すると明言しています。

今、ボルボのラインナップで電動化モデルの無い車は、2019年にTwinEngineの搭載されるV60と、大人気のXC40。そしてV40です。

V40はフルモデルチェンジの発表とともに、電動化モデルをラインナップに入れてくると思われます。そしてこのV40には、XC40と同じTwinEngineが搭載されるか、ここがポイント。

XC40は、中国での発表のとおり、TwinEngine仕様です。XC40はコンパクトSUVとは言え中々の大きなボディを持っています。TwinEngineのバッテリーを持つことなど容易いでしょう。

興味深いのは、TwinEngineといってもAWDではなく、あくまでFF車だという事。電気モーターを後輪につけてAWDにするのではなく、前輪だけをエンジンとモーターで駆動するというのです。

組み合わされるエンジンは、2018年初頭に発表された1.5リッター3気筒エンジン。

もちろん、プラグインハイブリッドではありますから、充電をしておけば街中はガソリンを使わずに過ごすこともできる。この利便性は重要です。

しかし、XC40は後輪を電気式にしない。。となれば、これはマイルドハイブリッドとのある程度のシステム共通化も視野に入っているかもしれません。

出典:Volvo car japan https://www.volvocars.com/jp/

マイルドハイブリッドは小さなモーターで発進時のサポートのみを行うシステムです。AWDでないTwinEngineとの違いは、モーターとバッテリーのサイズのみ。

そして、バッテリーを多く積めないV40にこそ、このマイルドハイブリッドが生きる、というわけです。つまり、V40にはTwinEngineは搭載されず、マイルドハイブリッド一本で構成される、というわけです。

そして将来は、エンジンルームをバッテリーに換装した電気自動車仕様のV40が発売される、と見るのが自然でしょう。

本来ならプリウスのようなハイブリッドが良いのでしょうけれど、欧州ではストップアンドゴー自体が日本より少ないので、ハイブリッドよりはディーゼル車や電気自動車に舵を切っていた欧州勢。

ここでトヨタに追いつくなら、やはり電気自動車に力を入れた方が早いわけです。

ハイブリッドはサプライヤーから提供される48Vマイルドハイブリッドにしておいて、電気自動車戦略を推し進める。企業としても回り道せずに済みます。

サプライヤーはTwinEngineの共同開発を行なった、ボルグワーナー社が濃厚ですね。すでに48VマイルドハイブリッドシステムをWEBで公開しています。

 

さて、V40など小型車にも搭載できるマイルドハイブリッドが出来上がったとして、ボルボのパワートレインはどの車種にも柔軟に組み込めるのが強みです。

高価なTwinEngineの他に、少し安いマイルドハイブリッドを全モデルに追加するらしいのですが、2019年に一斉追加。。なんて事、しないですよね?ボルボさん(笑

以前ディーゼルの一斉追加をして他の欧州勢をあっと言わせた事もありますから、意外とこんなビックリ企画も考えているかもしれませんね!

まとめ

小規模な会社ではありますが、しっかりロードマッップを描いてその通り実行できる、ボルボはなかなかにしっかりした会社です。

販売会社であるVCJの戦略が色濃く出てしまうので予想はしづらいですが、2019年もたくさんの話題を振りまいてくれることでしょう。

さて、9割ボルボ、1割輸入車、ほんの少し社会について触れてきたabout-VOLVOですが、2019年も目が離せないボルボ情報を中心にお伝えしていきます。

毎月のように(?)新型車が出るトヨタさんのように沢山の新車情報を展開!とは行きませんが、その分できるだけ詳しい情報を海外サイトなどからあつめてお届けできればと、日々奮闘しております!

今年も宜しくお願いします。

about-VOLVOのおすすめ

https://www.about-volvo.com/volvo-engine-mildhybrid/

https://www.about-volvo.com/volvo_v70vsv60-1/

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。