【Daily VOLVO News】これからはセレクトスマボ が主流か?

XC40やXC60を購入する人は、半年〜一年間の納車待ちを体験することになります。

自分の車を乗り続けてもいいのですが、査定額が下がるのが心配、という方は、「ブリッジスマボ 」でV40を1年間リースを受ける、という流れがありました。

新車で乗り継げないなら中古車で乗り継げばいい=セレクトスマボ

ところが、V40の販売が終息すると、安くリースできる車が無くなります。一応V60なども乗り継ぎ用にチョイスできるのですが、毎月の支払額が上がってしまいますし、これからXC40に乗ろうというのにその上級車に乗るというのもなんだか嫌な話です。

ボルボはそのあたりをカバーできるように、そしてブリッジスマボで大量に手元へ戻ってくるV40を有効活用できるよう、「セレクトスマボ 」をブリッジスマボ に似せて、納車待ちに対応するのかもしれません。

セレクトスマボ の概要

高年式・低走行車が対象

登録後1年以内の、10,000km未満の車を対象としています。自社登録車か、ブリッジスマボ の返却車としか思えませんね。

リース料は1.3%

車両価格の1.3%で乗車できます。ただし、ベット頭金が必要ですからお気をつけを。

乗換精算金なしで新車へ乗換が可能

リース期間中だとしても、新車が納車されるタイミングで返却する事ができます。購入には無いメリットです。

 

例えば、VOLVO V40 T3 Momentum 走行距離50km 車両価格¥2,630,000 の場合

頭金 ¥188,357

月々 ¥34,100 x 最大12回

ん。。。結局は、合計60万円近くを支払うのですね。60万円を5年分で300万円。V40 T3 Momentumの車両価格は 391万円(税込)。車の仕入れ値って結構安いのかな。。。なんて考えてしまいます。

詳しくはスマボ 特集記事に追記する予定です。

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。