【Daily VOLVO News】XC40 EV発表 走行距離は400kmで急速充電対応

ボルボXC40の電気自動車が発表されました。

ボルボは2025年までにEV販売比率を全体の50%まであげるとし、毎年一台づつ完全なEVを発表するとしています。これからのボルボは完全に電気自動車メーカーに進むという強い意志を感じますね。

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

もともとのデザインが良い為、とくに大きくいじることのなかったXC40 EV。ブラックルーフはR-Designと同様のもの。特徴的なのはフロントマスク。

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

CIマークも再デザインされ、スマートな雰囲気に。こいつはなかなかかっこいい!

XC40 EV発表のハイライト

グレード名は「Recharge」

Recharge will be the overarching name for all chargeable Volvos with a fully electric and plug-in hybrid powertrain.

出典:VOLVO GLOBAL NEWS ROOM

ボルボのフルEVとプラグインハイブリッドなどの充電できるボルボは、「Recharge」というグレード名で統一されるようです。みかけはR-Designですが、「R」の文字を継承してゆくのでしょうか?はたまた、共存するのでしょうか?

 

1年間の充電電力が無料

every Volvo Recharge plug-in hybrid model will come with free electricity for a year, provided through a refund for the average electricity cost during that period.

出典:VOLVO GLOBAL NEWS ROOM

すべての充電可能なボルボを購入したお客様には、1年間電力が無料になるようです。日本でもこのサービスを行うのでしょうか。ボルボに充電スタンドを用意してくれるほうが嬉しいかもしれません。VCJ様ぜひご検討をお願いします。

 

走行距離は400km 出力は408hp

The XC40 Recharge is everything customers expect from a Volvo, with the addition of a state-of-the-art, fully electric all-wheel drive powertrain that offers a range of over 400 km (WLTP) on a single charge and output of 408hp. The battery

出典:VOLVO GLOBAL NEWS ROOM

XC40 Rechargeは、1回の充電で408 hpの出力で400 km(WLTP)の範囲を提供する最先端の完全電動式四輪駆動パワートレインを追加します。たしかに400km走行できれば、日帰りドライブは十分可能です。

 

急速充電に対応

The battery charges to 80 % of its capacity in 40 mins on a fast-charger system.

出典:VOLVO GLOBAL NEWS ROOM

バッテリーは、急速充電器システムで40分で容量の80%まで充電されます。 これはありがたい話です。日本でドライブする場合、300km以内の充電ステーションを乗り継げば十分どこへでも出かけることができるということです。

400kmの走行距離と急速充電が組み合わされることにより、自宅に充電器を置かなくてもEVが普及する可能性があります。それは日産のように、ディーラーへガソリンスタンドかわりに訪問して、充電を行うという使い方ができるからです。さらに自宅に充電器を置いてしまえば、その心配もなくなります。

 

電動車の生産能力を3倍に

To meet the anticipated growth in demand for its Recharge cars, Volvo Cars will triple production capacity for electrified cars and will as of next year prepare a Designer’s Choice selection of popular Recharge models, offering the potential for radically reduced delivery times. Volvo Cars aims for plug-in hybrid cars to make up 20 per cent of total sales in 2020.

出典:VOLVO GLOBAL NEWS ROOM

ものすごいやる気です。「Recharge」グレード車の需要の増加に対応するため、Volvo Carsは電動車の生産能力を3倍にし、来年には人気のRechargeモデルのDesigner’s Choiceを準備。デリバリーを大幅に短縮するとしています。 Volvo Carsは、プラグインハイブリッド車が2020年の総売上の20%を占めることを目指すようで、ここで一気にEVメーカーへ躍り出るつもり。むしろこの施策がなければ、ポールスター2も作れないのでしょうね。

クリーンディーゼルの時も5モデルを一気にラインナップしましたが、市場をリードできると判断したときのボルボは強いです。

 

全ラインナップ電動化メーカーになるぞ

very Volvo model in the range includes a Recharge option, from the small XC40 SUV via the 60 Series cars to the company’s flagship, the large XC90 SUV. Volvo Cars is the only car maker to offer a plug-in variant on every model in its line-up.

出典:VOLVO GLOBAL NEWS ROOM

ボルボは小型モデルのXC40からはじまり、60シリーズを経由しフラッグシップもでるまでEVモデルを用意するとしています。これにより、ボルボは世界で唯一のフルラインナップEVメーカーになる、としています。

 

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

RECHARGEとかかれたルーフデザイン。今後の充電モデルにはこのグレード名が使われるという。

生半可な気持ちではないボルボEV

予想していたことですが、期待している数値を見事に越えてきた、という印象です。

とくに出力は200psくらいを考えていましたが、408hpまであげてきました。この数値はポールスター2そのものです。航続距離だけはポールスター2に譲りますが、それでもSUVスタイルで400km走れるということは、環境と実用性を両立したといえるでしょう。

フランクフルトショーで各社EVを発表していますが、ボルボは実に実用的な提案をしてきたと言えるでしょう。

 

XC40のEVについては、しっかりまとめて再度お伝えしたいと思います。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。