インテリアカラーパターン大全!これで内装選びやすいね(2019年度版)

ボルボのインテリアは多種多様。カタログを見れば、ボディカラーによって似合いそうなインテリアが組み合わされています。

けれども、カタログだと意外と見辛い、わかりにくい。そこでaboutVOLVO秘蔵の車内撮影写真を駆使し、ボルボを選んでいる最中のみなさまへできるだけ判りやすくお伝えしたいと思います。

秘蔵の写真をたどっても、見ることができないパターンもありますので、もし撮影できたら追加アップロードしていきますね。

ブロンドシート

チャコール/ブロンドインテリア

シートインテリアルーフ
ブロンドチャコール/ブロンドブロンド

ボルボXC90コックピット

標準的なインテリアタイプ。「ブロンド」は白、「チャコール」は黒だと考えれば簡単です。

写真には木目パーツが載っている場合があり、グレード(Inscription / Momentum等)によりマチマチですのでご注意ください。

ボルボインテリア ブロンドシート チャコール/ブロンドインテリア

こちらはV60。ボルボの中では標準的な彩色のひとつです。

すべてのモデルで選ぶことができ、基本的にはInscriptionを選べば、このツートンカラーの美しいインテリアを楽しむことができます。

チャコール/チャコールインテリア

シートインテリアルーフ
ブロンドチャコール/チャコールブロンド

ボルボインテリア ブロンドシート チャコールチャコール内装

V40 Inscriptionのクリスタルホワイトパールボディ色専用。すでに絶版だが、中古を探せば良いのですよ。というか、そんな貴重なものならしっかりと写真に収めておくのでした。。。

見た目はチャコール/ブロンドインテリアと同じなのですが、腰から下がブラックへ変わります。

ボルボインテリア ブロンドシート チャコールチャコール内装

ポイントはドアの内装材です。しかし、V40のシートはクラスを超えた立派さですね(^^)

あまりにもホワイトの眩しい黒白インテリア。このインテリアを見て、メタリックの追加費用を支払った方も多いと思います。

マルーンブラウンシート

チャコール/チャコールインテリア

シートインテリアルーフ
マルーンブラウンチャコール/チャコールブロンド
出典:Volvo car japan

※秘蔵の写真、ありませんでした!(>_<)

茶色のシートがイカす内装です。すいません、秘蔵の写真をあさっても見つけることのできなかった内装については、ボルボ・カー・ジャパン公式WEBより写真を拝借しています。

また、明るさを上げて視認しやすくしています。

スレートシート

チャコール/チャコールインテリア

シートインテリアルーフ
スレートチャコール/チャコールブロンド
出典:Volvo car japan

※秘蔵の写真、ありませんでした!(>_<)

大人びた独特なグレー基調のインテリアで、90シリーズにしか装備されません。この色合いで木目パーツがないと、寂しげになってしまいますものね。

北欧の北部の荒涼とした大地、曇り空を連想させる、美しいシートです。

チャコールシート

チャコール/チャコールインテリア(ブロンドルーフ)

シートインテリアルーフ
スレートチャコール/チャコールブロンド

ほとんど黒い内装。ルーフが白、というよりはグレーですので、室内が超真っ暗という状態ではありません。

ボルボ チャコールシート チャコール/チャコールインテリア

上の写真はボルボV40 Momentum。ほとんど黒ですがメタルパーツとシートのステッチが際立つグッドインテリア。どの内装色も魅せるのがボルボ流です。

落ち着くブラック内装は、スポーティさを際立たせます。V40の性格に合う良いインテリアでした。上位モデルでも設定されますが、ルーフはブロンドですので車内が暗いとは感じないでしょうね。

チャコール/チャコールインテリア(チャコールルーフ)

シートインテリアルーフ
スレートチャコール/チャコールブロンド

真っ黒です。XC40 R-Designがこの内装。

チャコールシート チャコール/チャコールインテリア

Aピラーがブラックなの、お判りいただけますでしょうか。オレンジ色はオプション装備です。

相当黒いインテリアなのですが、シートの白いステッチが際立って超かっこいい。オレンジが入るとさらに華やかですね。

VOLVO XC40 R-Desugn フロントシート

XC40を検討する人は多いはず。ですのでおまけの一枚(^^)このシートはR-Design専用で、サポート性がよくできています。たぶんXC40で最高のシート。Inscriptionか迷いそうですね。

アンバーシート

チャコール/チャコールインテリア

シートインテリアルーフ
アンバーチャコール/チャコールチャコール

VOLVO XC90 MY2020 インテリア

明るい黄みがかったシートに組み合わされるのは、基本的にブラック内装。すごくかっこいい。

写真はXC90のものなので大変豪華に見えますが、設定されている全てのモデルが素敵なオシャレ感を醸し出してくれる。それがアンバーシートです。

ボルボインテリア アンバーシート チャコール/チャコールインテリア

おまけ。V60の場合の、センターコンソールの様子です。XC90のようにセンターコンソールには革が付けられていないのがわかります。

ボルボV60 リアシート

おまけの一枚。リアシートにもかかわらずサポート性の良さそうなシート。フロントシートのリア側がブラックになっているのがわかりますか?

私は人にボルボをお勧めするときは、このシートを薦めています。ただ、ボディカラーとの組み合わせが決まっていて、大人びたボディカラーに合わせてあるのが難点かな。

シティウィーブシート

チャコール/ブロンドインテリア

シートインテリアルーフ
CityWeaveチャコール/ブロンドブロンド
出典:Volvo car japan

※秘蔵の写真、ありませんでした!(>_<)

一部の車種のMomentumに装備される、T-TEC/テキスタイルコンビネーションシートのひとつ。シート地に明るいチェック柄が入っています。

ファブリックシートではあるのですが、艶やかな手触りと柔らかさが素晴らしいのがボルボのファブリックシートの良いところ。

オキサイドレッドシート

チャコール/チャコールインテリア

シートインテリアルーフ
オキサイドレッドチャコール/チャコールチャコール
出典:Volvo car japan

※秘蔵の写真、ありませんでした!(>_<)

XC40 オニキスブラックメタリックのボディカラー専用色。なんという贅沢か。インテリアは基本真っ暗なので、赤いシートだけが目立ちます。

チャコールブロンドシート

チャコール/チャコールインテリア

シートインテリアルーフ
チャコール/ブロンドチャコール/チャコールブロンド

 

出典:Volvo car japan

※秘蔵の写真、ありませんでした!(>_<)

V40 CrossCountryのオスミウムグレーメタリック専用色。もう絶版。でも一台展示してあったよ。

シートが白黒を合わせてあるもので、独特のオシャレセンス。車内にスポーティさと明るさを両立させたい場合は、これがいいですね。

基本はボディカラーとの組み合わせだが変更可能

以上が2019年でのボルボインテリアパターンでした。お役にたったなら嬉しいです。

ちなみに、本国へのオーダーは日本法人があらかじめ一定のパターンで行っており、ボディカラーとインテリアカラーは紐付けされています。ですが、特注車としてオーダーをすることで、全てではないにしろ自由な組み合わせをつくることができます。

ただし、在庫車であれば2週間で済む納期が、6ヶ月かかります。だいたいこれが妥協してしまうポイントだったりするのですが、どうしてもなら待つ勇気も必要でしょう。

自分の決めた組み合わせ以外には乗るものか!というコダワリやさんは、ぜひ特注車をお選びください!

 

お読みいただき、ありがとうございました!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。