XC40 EV発表!性能・価格など情報網羅しながらTwinEngineと比較します

2019年10月16日、ボルボXC40 EVがデビュー。ボルボユーザーにとってはひとつの転換期を迎えるかもしれない自動車ライフは、すぐそこまで迫っています。

さてそのEVですが、日本への導入はまだまだ未定。けれどもボルボ・カー・ジャパンが情報を公開したことを考えると、日本導入は確実と見ていいでしょう。今回の記事では、Daily VOLVO Newsで取り上げた内容と重複する内容も多いですが、2019年10月現在のボルボXC40 EVの情報を網羅していきましょう。

それともうひとつ、ボルボユーザーが気になる、XC40 PHEVの情報も併せて載せていきます。

EVの性能はまだまだ発展途上で、充電速度やパフォーマンス、重量は将来改善していくことでしょう。いまEVへ移行するのか、すこしだけEVをかじって、ロングドライブはガソリンを併用するのかは個人のライフスタイルにより変わってきます。

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

発表されたXC40 Recharge。スタイルは大好評のそのままだ。

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

CIマークは再デザインされている。一緒に見えるのはカメラかレーダーか?安全性能は最先端を行くというから楽しみだ。

ボルボXC40 EV / PHEV の価格

まず最初に気になる価格から。

ボルボXC40 EVは最初に、ローンチモデルとして特別仕様車を販売します。1stエディション、というやつです。装備は豪華てんこ盛りのハイスペック仕様が考えられます。XC40の発表時にも用意されていましたよね。

グレード英国価格日本参考価格
Recharge ローンチエディション49,900ポンド678万円
Recharge ベースグレード34,500ポンド469万円
PHEV R-Design40,905ポンド545万円
PHEV Inscription41,255ポンド550万円

参考文献

AUTOCAR JAPAN

carview

このように見ると、XC40 EVのベースグレードの価格の安さに圧倒されます。

エンジン+電動モーターという「ふたつのパワーソース」を持つプラグインハイブリッドは、電動モーターだけのEVよりも複雑な機構がついています。価格上昇は止むを得ないでしょう。

しかしいくらインフラ整備が追いついていないとはいっても、参考価格ではありますが469万円で購入できる(かもしれない)XC40 EVにはものすごい魅力を感じますね。

ちなみに価格面でのダークホースは、フォルクスワーゲンのiD.3。360万円からと言われており、ピュアなEVが欲しいひとは気になる存在でしょう。わかる範囲内で性能を比較してまいりましょう。

 

ボルボXC40 EV のモデル・グレード名は「Recharge P8 AWD」

今回発表された新しいモデル名は「Recharge」。再充電を意味する言葉です。

どうやらこの名称、従来の「T4」「D5」「T8 TwinEngine」のように使われる文言のようです。XC40 プラグインハイブリッドは「T5 TwinEngine」としてエンジングレード以上の数値をあてがわれていましたが、EVモデルはエンジンがありません。

変わってつけられるのは、「P8」というパワーソース名。そして今のところ、「Recharge」はTwinEngineのようにパワーソース名の後ろではなく、前につけられるようです。

パワーソース種別主なモデル・グレード名
電気自動車(EV)XC40 Recharge P8 AWD
プラグインハイブリッド(PHEV)XC40 T5 TwinEngine
マイルドハイブリッドXC60 B4 AWD
出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

新しい形のエンブレムは素直にかっこいい。XC40 EVは「P8」の名称が与えられた。「T」や「D」のなくなる日も近いか?

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

搭載されるバッテリー。やはりギリギリにまで搭載されている。フロントシート下のスペースがなくなるかもしれない。

ボルボXC40 EV / PHEV の性能

そして今回もっともびっくりしたのは、408hpという驚異的なパワー。モーターを前後に取り付けることで、その強力なパワーをAWDで路面に伝えます。

普及価格帯で販売されるID.3とも少し比較してみましょう。

XC40 EVXC40 PHEVVW ID.3
出力408hp262hp204ps
トルク660Nm ?425Nm310Nm
バッテリー容量78kWh ?10.7kWh最大 77kWh(選択式)
EV走行距離400km以上最大 46km最大 550km
0 → 100km/h 加速4.9秒7.3秒
急速充電対応(40分で80%充電)対応(30分で290km分)
充電時間最短 3時間(16A)
駆動方式AWD前輪駆動後輪駆動

EVになると、「FF」とか「FR」とかのキーワードを使っていいか迷います。なにせ、エンジンを積んでいませんから(笑)

XC40 EVの性能は、まだまだ未確定な部分が多く、「?」で記載されているところは予測です。ポールスター2と同じユニットだった場合、この数値だよ、という予測数値でしかありません。

XC40 の EVとPHEVで悩ましいのは、駆動性能。PHEVであるT5 TwinEngineは7速デュアルクラッチトランスミッションを介して、前輪のみで駆動力を伝えます。対してEVであるRecharge P8 AWDは、前後2つのモーターで4輪を駆動します。悪路走破性はEVに軍配があがりそうですが、最低地上高がXC40 EVは175mmにまで落ちるそうで、バッテリー積載量のアップはなんと床下に弊害をもたらしたのでした(^^;)

 

元ボンネットにある収納箇所は「フランク」

多くのバッテリーを積載することから、XC40 EVはトランク容量が減少します。(460L→413L)

その減った分をカバーするべく、元々エンジンが積まれていた「ボンネット」には、あらたな収納箇所「フランク」が用意されました。この容量は約30Lと発表されており、2リッターペットボトル6本入りを2ケースは詰める計算になります。なかなかの量ですね。

この「フランク」について、ひとつ思いついたことがあります。道路で知人を車に乗せるとき、荷物をトランクに入れるのが今までの常識でしたが、あとから来る車が停止できずに追突してしまう事故にあう、というシチュエーションを聞いたことがあります。荷物を積んでいる最中に突っ込まれてしまっては、命を落としてしまうことでしょう。

フランクを使えば、後ろから来る車に追突されたとしても、一応車が衝撃を緩和してくれます。もちろん無怪我でいられるとは思えませんが、直接ぶつかられるよりはマシです。

※車の乗り降りは見通しの良い場所で、交通量の少ないところで行うように意識しましょう。

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

これが「フランク」。左側の青い蓋は、ウインドウウォッシャー液を入れるところなのかな?

出典:Volvo Car UK

ナチュラルカラーが設定されるXC40 Recharge。フロントマスクは他社にならってグリルレスだが、違和感なく整っている。

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

ブラックカラールーフに刻印されるのは「RECHARGE」の文字。R-Design やInscriptionと同様の処理がされている。

ブラックカラールーフ+8色のボディカラー

XC40 EVのボディカラーは既存のXC40とはラインナップの違う、ナチュラルカラーが主体です。

そしてR-Designと同様のブラックカラールーフが装着されています。

一方のT5 TwinEngineの場合、Inscriptionは現行モデルと同様、ボディ同色ルーフカラーのようでした。いろいろ調べてみましたが、MomentumグレードではT5 TwinEngineを選べないようになっており、おしゃれで可愛いホワイトルーフの装着も不可能となっています。

しかし、XC40EVは2020年には「デザイナーセレクション」が発表されるとしており、おしゃれなXC40 EVが発信される可能性がありそうです。

(調査は英国ボルボのコンフィグレーターを使用しています。)

デリバリー開始は2020年

欧州でのデリバリー開始は2020年後半とされています。結局のところ、ポールスター2と同じパワートレー/プラットフォームを使用するということは、ポールスター2のデリバリー時期と同じであると考えていいでしょう。

すると日本への導入は、2021年前半が濃厚?2018年5月に日本導入されたXC40は、2021年5月には3年のモデルライフを通過することになります。普通であれば、車の人気も落ち着き在庫車がある時期と言えますが、ボルボXC40は相変わらず納車まで半年以上。

テコ上げどころか、新車にような人気に戻ってしまいそうな予感のする、XC40さんですね。。。

そういえば、XC40 T5 TwinEngineはいつ販売するのでしょう?電動化電動化といっても、日本では高級ラインナップにしかTwinEngineは用意されていませんよね。このデリバリーの開始も待たれるところです。

ところで、ボルボは今後1年に1度、完全な電気自動車を市場に投入するとしています。

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

クリーンなイメージのフロントグリル。こちらの写真にはカメラが付いていない?

出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

デザインスケッチには、ブラックルーフではない提案がなされていた。

次のボルボEVはどの車種か

ボルボは市場の流れにそって、ストイックに舵を切るメーカーでもあります。親会社の吉利汽車の施策から、電気自動車への舵きりはどうやら成功しそうな雰囲気です。

そしてここから、毎年電気自動車をリリースしていくという、驚きの発表がありました。けれども2025年までに販売する50%を電動化モデルにするという目標に近づくためには、ラインナップの拡充の他、「普及価格帯のEV」の投入が決め手になると睨んだのでしょう。

当然、現行モデルはEVモデルが追加されていくことでしょう。SPAプラットフォームで初めに搭載されそうなのは、SUVであるXC60やXC90が考えられます。ただ、XC90はSPA2プラットフォームで発表される最初の車になる予定で、発表は2023年〜2024年になると考えられます。EV化はフルモデルチェンジと同時に行われるか?

すると、XC60あたりが最初にEV化されるのかな。。。などと、aboutVOLVOは考えています。

そしてもうひとつ。V40の後継車の存在です。ハッチバックの低迷の他、EVモデルにしなくては販売できないと判断され、開発されていたモデルはポールスター2として名前を変えて発進することになったようですが(これも想像の域ですが)正式なV40後継車が発表されてもおかしくありません。

先ほどまでの資料にフォルクスワーゲンID.3を載せていましたが、ボディサイズやスペックはID.3のような、いわゆる「ゴルフサイズ」ほどで、モーターを1機しか積まない、お手頃価格のボルボEVが発表されるのではないか?と私は勝手に睨んでいます。

きっとその時には、革新的なスタイリッシュEVが示される。期待して待つことにしましょう。

 

ボルボXC40 Rechargeの普及は販売会社に託された

見出し用写真 VOLVO V60

最後に、今回の発表からaboutVOLVOの感想をひとつ。

とうとう、走行距離400km超えの「一般車」が登場したな、というのが第一の印象。もちろん日産リーフは超えていたのだが、輸入車での現実的な価格、ラインナップとしては初めてでしょう(たぶね。ボルボしか見ていないからT_T)

航続距離400kmというのは実は、私がEVに切り替えるなら最低限達成してほしかったポイントでした。充電時間なども考えなくてはならないけれど、そこは予想を超えて40分80%という数値を達成してきた。サービスエリアの充電設備に対応できれば、日本全国どこへでも行ける性能といえるでしょう。

正直408hpはオーバースペックかな?とは思いましたが、車両重量は2,000kgを超えます。余裕のある走りが楽しめるのだから、良しとしようではありませんか。高いけど。

一度の充電で80%、つまり300km走れるようになると、自宅に充電設備が無くても良いかな、と考えられるようになります。ガソリンスタンドに行く要領で、充電スタンドに行けば良いかな?と考えることができるからです。もちろん家に充電設備をおけば最強。ですがこれは、後々のライフスタイル計画に組み込めばいいだけ。

充電スタンドを自宅に設けてからのEVではなく、EVを購入してからの充電設備の検討。これができるようになれば、EVの普及は目前でしょう。そのためには、例えばボルボユーザー専用の充電設備を、ボルボディーラーが用意してくれるのならどれだけ喜ばしいことでしょうか。

その時には、無料とは言わず一杯1,000のコーヒーでも提供してほしい。休息場所の提供と急速充電費。これくらいは支払わせて欲しいな、と思います。

 

正直、ここまでEVの性能があがってしまうと、プラグインハイブリッドのほうが特殊なモデルのような気がしてきます。XC40のT5 TwinEngineは、下手をすれば日本導入は無いかもしれませんね。

さあ、ボルボ・カー・ジャパン様の今後の展開を見守っていきながら、自分のライフスタイルの将来を考えていきましょう。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。