迫る?XC40 PHEV ボルボは電動化に積極的なのか

ボルボV40販売終息によって、スモールボルボは一旦ラインナップから消えてしまうことになりました。

うあー寂しいな、車検通して次の車でもゆっくり探そうか。。。などと考えながら調べごとをしていましたところ、日本自動車輸入組合の情報で、ちょっと面白いデータを見かけました。

輸入車のエコカー減税対象車(??)
BMW i3
ジャガー I-PACE
テスラ モデルS
テスラ モデルX
フォルクスワーゲン e-up!
フォルクスワーゲン e-Golf
フォルクスワーゲン e-GolfPremium
メルセデス・ベンツ フォーツークーペ BRABUS EV
メルセデス・ベンツ フォーツークーペ EV

んん?見慣れない車が多い。。。もしや?

電気自動車が普及開始だ!

そう、これらは電気自動車です。

ボルボはディーゼルをやめて、電動化への道を進むと声高らかに宣言していますが、VWもBMWもメルセデスも、ディーゼルに力をいれつつもちゃっかりEVも開発しているんです。

そして驚きなのが、たとえばメルセデス・ベンツのフォーツークーペEVなんて、フランクフルトモーターショーに出るよ!と言った矢先に日本のエコカー減税車にエントリー(だよね?前のモデルは随分前に販売終了しているよね?)。いつでも販売開始できるって言っているようなものですよね。

ボルボは平均燃費を落としそうだ

そう、ボルボばかり見ていて気づかなかったのですが、EVやPHEVを普及させようと価格を抑えてリリースしている会社はあるのだよ、と。ボルボはクリーンディーゼル&高性能プラグインハイブリッドでの攻勢でしたが、クリーンディーゼルはやめると言いだし、プラグインハイブリッド、そしてEVというロードマップを描いています。

しかし予定はするけれど情報は流れてこない。

ボルボといえば、平均燃費の稼ぎ頭であるV40の販売終息だとか、XC40やV60のクリーンディーゼルの出し惜しみによって、日本でも世界でも平均燃費の低い自動車メーカーになってしまいそう。オーナーとしては、小さいメーカーなら小さいメーカーなりにチャレンジ精神をもっともっと伸ばしてほしいわけですよ。

無駄にSUVのラインナップを増やして欲しいわけではないんですよ

ボルボは電動化を日本でも達成できる?

ボルボのTwinEngine充電
出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

2025年には自社の電動化比率を50%にまで増加させる、と宣言こそしているものの、まったく情報が入らないばかりか、プラグインハイブリッドだけでなくマイルドハイブリッドさえも販売開始されない日本でのボルボにおいて、2025年の目標を達成できるのか、心配になります。

何のためにクリーンディーゼルをやめたのだか。。。

しかし、電気自動車やらPHEVやらで、にわかに電動化が流行りだすような気がします。私もPHEVというものを体験するため、来週はMINI クロスオーバー PHEVの体験ドライブに行って今入ります。

。。。え?MINIなの?はいそうです。だってしっかりと実用価格のPHEVを体験しておかないとさ、いざXC40のPHEVが出た時に、しっかり評価できないじゃないですか!まあ、そのままなんらかのPHEVを買わないように気をつけたいところですがね。ボルボのPHEVは高すぎですし、ちょっと手がとどきません。

戦略モデルは電動化に移行しつつある

無印良品キャンプ場

ところで、上の表を見て皆さんはどう思いますか?私は驚異だなと感じました。何に?といえばそう、内燃機関にです。

ガソリン、ディーゼルどちらにも言えますが、内燃機関の終わりって見えてきた感じがしたんです。欧州各社はPHEVや電気に夢中ですが、それは欧州排ガス規制によるところです。PHEVをつくっておけば、CO2排出量を大目に見てくれるとした政策をうけて、がんがん開発しています。

もちろんクリーンディーゼルだって、燃費を伸ばすには好都合のアイテム。しっかりと排ガスを浄化してしまえば、街中で後ろ指をさされることもないんですよね。各メーカーに与えられた数値をクリアする為、必死に電動化にこだわった結果なわけです。夢中でがんばっている間に、電動化が見えてきちゃった。

一方で日本はといえば、一時期は水素社会だよんと言っていました。ハイブリッド技術で欧州より先を行っていた日本勢(というか、トヨタやホンダ)は、ちょっと余裕ぶってしまったかな?ハイブリッドモジュールの小型化の技術よりも、バッテリーの量で押し切られた感じがします。今やPHEVは欧州勢のもの。

EVで一人気を吐く日産も、社長が不正じゃあねぇ。

以下のリストをご覧ください。輸入車はPHEVがこんなにラインナップ!EVと合わせてわかる範囲内で価格も調べてみましたよ。

電気自動車 免税車

メーカー モデル 価格
BMW i3 543万円
ジャガー I-PACE 959万円
テスラ モデルS 1,035万円
テスラ モデルX 1,110万円
フォルクスワーゲン e-up! 不明
フォルクスワーゲン e-Golf 499万円
フォルクスワーゲン e-GolfPremium 539万円
メルセデス・ベンツ フォーツークーペ BRABUS EV 不明
メルセデス・ベンツ フォーツークーペ EV 不明

VWのe-upなんて、クラシックカーの旧モデル1にEVシステムを搭載しちゃうなんてサービスも始まるみたい。まるでミニ四駆だわ。

プラグインハイブリッド 免税車

メーカー モデル 価格
BMW 225xe Active Tourer 538万円
BMW 330e 610万円
BMW 530e 855万円
BMW 745e 1,198万円
BMW 745Le xDrive 1,555万円
BMW i3(レンジエンクステンダー) 592万円
BMW i8 Coupe 2,096万円
BMW i8 Roadstar 2,234万円
BMW X5 xDrive40e 不明
BMW MINIクーパーSE クロスオーバーA4 498万円
アウディ A3 Sportback e-tron 不明
フォルクスワーゲン Golf GTE 469万円
フォルクスワーゲン Passart GTE 不明
フォルクスワーゲン Passart GTE Variant 不明
ポルシェ Panamera 4 e-hybrid 1436万円
ポルシェ Panamera Turbo S 不明
ボルボ V60 T6 TwinEngine 659万円
ボルボ V60 T8 TwinEngine 829万円
ボルボ V90 T8 TwinEngine 964万円
ボルボ XC60 T8 TwinEngine 924万円
ボルボ XC90 T8 TwinEngine 1,124万円
メルセデス・ベンツ C350 e 679万円
メルセデス・ベンツ C350 e ステーションワゴン 不明
メルセデス・ベンツ E350 e 837万円
メルセデス・ベンツ GLC 350e 4MATIC 906万円
メルセデス・ベンツ GLC 350e 4MATIC クーペ 936万円
メルセデス・ベンツ S550 不明
メルセデス・ベンツ S550 PLUG-IN HYBRID 不明
メルセデス・ベンツ S560 e 1,697万円

このうち、各社戦略モデルとして位置づけるのは500万円前後のモデルでしょう。減税効果や補助金などでガソリン車よりも相対的に安く感じるのも魅力です。

となると。。。やはりXC40 TwinEngineの動向が気になりますよね。

XC40は勝てるのか?

VOLVO XC40 TwinEngine
出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

クリーンディーゼルを早々にひっこめてボルボの平均燃費を悪化させようとするVCJ。早く日本でXC40PHEVを発売開始してほしいところです。

なにせモデルの高額化が大好きなVCJですから、日本や世界の燃費など考えずにガソリンモデルばかりをメインラインナップに揃えます。

こうなると、VCJのPHEV市場への戦略はどうなのでしょう。高級輸入車と同じ価格帯へのPHEVモデルの投入で、PHEVをどのように売り込んでいくのでしょうか。

そもそも準備が整っていない

もちろんまだまだ成熟した市場ではないものの、プラグインハイブリッドのパイオニア、とはいかなくなりました。日本にはプリウスPHEVや三菱アウトランダーPHEVもあるからです。デザインの素晴らしいボルボですから、なにかかっこいい、かわいいPHEVを待っている人には、なかなか良い贈り物になるかもしれませんが。。。

今年〜来年には、数々の新型EVやPHEVが予定されています。ボルボが生き残っていくには、早めに出すことと、価格を抑えること。この2点に妥協してはいけないはずです。しかし、いつ販売するのかの情報もありませんし、ボルボディーラーでの充電サービスを開始するわけでもなく、電動化に積極的なメーカーの輸入会社とは思えません。

2019年でいえば、電動化よりもS60の販売のほうを優先したいVCJ。ガソリンならば今までのサービス工場もそのまま触りやすい。親会社の意向など聞く耳ももちません。

発表もまだなら価格も未定

ボルボV40のプライスリスト

そもそものプラグインハイブリッド車はいったいいくらで設定されるのでしょう?

もし日本で販売開始となったときには、VCJはPHEVがボルボ各モデルでの最高グレードの位置付けにしてくるでしょうし、安くないのはハッキリしています。

イギリスのボルボWEBを見てみると、XC40 T5 R-Designがセーフティ装備もりもりにすると、約580万円というプライスでした。ならばいずれMomentumなら540万円くらいになるか。。?これくらいであれば、他の欧州勢に勝てそうな気がします。まちがっても700万円にはしてはいけません。

ライバルの性能もなかなか良い

mini プラグインハイブリッド
MINI

ちなみにMINIのPHEVに乗りに行くのにはワケがあって、サイズ感や仕様が似ていたから。MINIのPHEVは電動モーターで後輪を回す、V60 以上のTwinEngineと同じような仕様。XC40 TwinEngineはモーターも前輪に組み込む仕様ですから、AWDになるMINIのPHEVのほうが魅力的なのは後になて知ったことです。

XC40 T5 TwinEngine MINI PHEV
エンジン出力 132kW/5,800rpm 100kW/4,400rpm
エンジントルク 265Nm 220Nm
モーター出力 60kW 65kW
モータートルク 160Nm 165Nm
システム最大出力 185kW 165kW
システム最大トルク 425Nm 385Nm
電気容量 10.7kWh 7.6kWh

総合的にはXC40が性能はよく(デザインも良く^^)できていますが、SUVの見かけでAWDでないのは痛いところ。私もそこが引っかかっています。

デザインと安全性に秀でるXC40ですが、ボルボの電動化を牽引できるようには見えない。。。安心しては見ていられない感じがします。

それでも買えるPHEVがラインナップされそう

VOLVO XC40 T5 R-Design TwinEngine
出典:Volvo Car Group Global Media Newsroom

しかし、それでもやっと「買える」ボルボPHEVなのです。やっと、買えないPHEVでなく、普及できるPHEV。T6やT8のTwinEngineは正直選べたものではありませんでした。V90やXC60で900万円ですよ?ディーゼル買うでしょう。

きっとVCJもわかっていて、例えば600万円のXC40 TwinEngineを販売したところで、500万円のディーゼルがあっては目の上のタンコブなんです。だからこそCMAプラットフォーム車にはディーゼルを入れなかった。

世界のメーカーの戦略は内燃機関ではなく電動化。その為には、電動化のパイオニアモデルがどうしても必要。ボルボは電動化と言ったはいいものの、しっかり先を見据えているのでしょうか?

すぐ後ろにEVが控えている。。。となると、PHEVは独自のポジション(ガソリンも充電もできる)ではありますが、EVまでの繋ぎと思われる可能性もあります。XC40もそこに気をつけて、長距離ドライブもできるハイブリッドカーとしてアピール販売して欲しいです。

 

というか、早くだしてくれ!

XC40にのしかかる負担は大きい

給油口

それにしても、XC40は大変です。並み居るEVの強豪に対して、単独で勝負しなくてはならないからです。V60のTwinEngineは650万円。対して普及EVモデルは500万円前後。XC40は500万円市場に入るしかありません。そしてV40の新車が手に入らなくなる今、XC40がボルボの最安という重責をも担うことになります。

確かに高額なTwinEngine車も楽しみですが、安いグレードの新設定があるのかも興味がありますよね。いま、XC40は389万円のプライスが最安になっています。いっぽうV40は299万円が最安でした。この90万円という大きな溝を、埋めるすべはどのようにするのでしょうか。

 

はっきりしているのは、何についても徹底的にシークレット。むしろノープラン?

新型モデルをチラ見させて既存ディーラーの顧客の流出を防ぐわけでもなく。V40を購入した顧客に対するリプレースの提案をしやすくするわけでもない。

これでは、ボルボをやめる人は増えてしまいます。

電動化に思い切りシフトするのであれば、しっかりとアピールするのと同時に発言に責任をもって、ボルボユーザーをしっかりと繫ぎ止める努力をして欲しいばかりですね。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。