V60 CrossCountry の美しいデザインをじっくり堪能しよう

美しいボルボV60に、やんちゃをプラスしたCrossCountryが登場。内外装デザインを観察します。

ボルボV60 CrossCountryが発売されました。

スタイリッシュなワゴンもいいけれど、しっかりしたAWDが搭載されたSUVも捨てがたい・・・という贅沢なお悩みを解決してくれるのが、ボルボのCrossCountryです。

今回の記事では、ボルボV60 CrossCountryの外装/内装を纏めましたので、じっくりとご覧ください!

V60 CrossCountryエクステリアデザイン

まずはエクステリアデザインから。基本的にはV60のデザインで、CrossCountry専用のオーバーフェンダーを装着しています。

V60譲りのスタイリッシュ・スポーティデザイン

Volvo V60 CrossCountry タイヤ
日本仕様のV60CC Proはなかなかカッコいいアルミを履く。

夕方にお邪魔したボルボディーラーで佇んでいたのは、バーチライトメタリックで彩られたV60 CrossCountry。

イギリス仕様ではオプション扱いだった5ダブルスポークのダイヤモンドカットアルミホイールは、最低地上高をあげたりオーバーフェンダーをつけたりで腰高感が強くなる足元周りを引き締めてくれます。

素直にかっこいいと言えるデザインですが、エッジの効いたデザインは最近の流行りでしょうか?スポーティでソリッド感のあるV60シリーズにはとても似合うチョイスだと感じます。

VOLVO V60 CrossCountry サイド
大きなアルミホイールのおかげで腰高感のないスタイリッシュなデザイン

リアタイヤは随分と持ち上げられた感覚で、V60のようなスマートさは薄れますが、それはCrossCountryだから当然。落ち着きよりもヤンチャがあったほうが嬉しいですね。

SPAプラットフォームのおかげで、フロントタイヤがFR車並みに前に出ていてスタイルがいい。オーバーフェンダーの効果もあって、タイヤの前出し感はV60よりさらに強く出ています。

Volvo V60 CrossCountry フロントデザイン
オーバーフェンダーは控えめな印象だ。

足回りの強調されたデザイン処理に比べると、フロントマスクはやや控えめな印象です。

ヘッドライトが細くスタイリッシュな為、正面から見るバンパーは少し大雑把なデザインに見えてしまいます。その分迫力はあるので、高速道路で迫ってきたらV60よりも怖いかもしれません(^^)

オーバーフェンダーの黒い素材は控えめで、バンパーとの融合がうまくいっています。

オーバーフェンダーは及第点

Volvo V60 CrossCountry オーバーフェンダー
若干チリが気になるV60CCのオーバーフェンダー

フロントタイヤにつくオーバーフェンダーの”チリ合わせ”は若干隙間が空いていて残念です。

試乗車の個体差か。。。と言ってしまうと、納車時に購入したクルマがこうだと嫌な気分になりますので言いません。バンパーは概ねしっかり処理されているので、オーバーフェンダーの設計ミスか取り付けミスか。

プレミアムを名乗りたいのなら、こういう細かいところにも気を配らないとね。

Volvo V60 CrossCountry リアドア付近オーバーフェンダー
かなり精巧にできているV60CCのリアオーバーフェンダー

逆にリアタイア周りのオーバーフェンダーは美しく取り付けられています。

特にリアドアの開口部との一体感は素晴らしいの一言。ミリ単位でデザインされていて、もう融合しているとしか言いようがありません。

Volvo V60 CrossCountry グロッシーブラックトリム
グロッシーブラックのトリムはかっこいいが傷も指紋もつきやすい。

ドアのデザインは「グロッシーブラックトリム」で彩られてツヤツヤ。けれどもこのトリム、傷がつきやすいし指紋もつきやすい。

ドア用の透明なシール「ピラープロテクトフィルム」はディーラーで購入できるのですが、トリム用は無いので気をつけて洗車をしましょう。

Volvo V60 CrossCountry リアデザイン
ショルダーラインはボルボの得意とするデザイン処理

そういえば、V60ファミリーはボルボでも異色なデザインになりましたね。

本来リア周りはクーペのように寝かせたデザインにしていたのですが、V60は先代V70のように切り立ったリアにしています。

V90との差別化だけでなく、リアが軽く見えるので一目でスポーティだなって感じる今のV60ファミリーは、やはり随分かっこいいです。

V60 CrossCountryのインテリア

クルマに乗るなら、長く付き合うインテリアデザインは見逃せません。

V60クロスカントリー フロント周り

Volvo V60 CrossCountry フロント居住性
大ぶりのシートがゲストをおもてなしする。

それではV60 クロスカントリーへ乗り込んでみましょう。

大きな「コンフォートシート」への乗り込みは、意外とすんなり入れました。乗った瞬間に体を包み込んでくれるボルボのシートはさすが。車に住みたくなりますよね〜

この写真のインテリアは「チャコール/ブロンド」タイプ。美しい内装なので、汚れた靴や服では乗りたくない、とは私のTwitterフォロワーさんの名言です。

Volvo V60 CrossCountry フロントドア下
オーバーフェンダーと高くなった最低地上高で降りにくい(降りたくない)ボルボV60CC。

そして、オーバーフェンダーと210mmの最低地上高、サポート性の高いシートのおかげで、降りたくても降りられない(^^;)

いつまでも乗っていてもいいんだよ、と車が言っているようです。ほんとお持ち帰りしたいですよ。

ちなみにこの乗り降りのあたり、同じボルボの小型SUV XC40は良くできています。乗りやすいし降りやすい。シートのサポート性の差ではありますけれども、やはりV60 CrossCountryに似合うのはこのシートですね。

Volvo V60 CrossCountry ファインナッパレザーシート
エアコンの空気が送られて快適なファインナッパレザーシート。

ツヤツヤのファインナッパレザーのシート。本革に比べれば耐久度で若干劣るのですが、セールスさん曰くは本革と変わりないそうです。

ファインナッパレザーシートの小さな穴からは、エアコンの涼しい空気が送られてきます。私は試乗でも体験したこと無いんですがね。夏場に試させてもらおうかな。

スウェーデンの国旗が誇らしげで、小さないたずらも同じ色だけの内装に一花加えてくれます。日本の国旗ではこうはいかないです(笑)

Volvo V60 CrossCountry エアコン供給口
グロッシーブラックで彩られたエアコン送風口

V60 Inscriptionに準じているV60 CrossCountry Pro。ドリフトウッドパネルがあしらわれていて美しい。

ドリフトウッドとは、海岸に流れ着いた流木のこと。海を漂った木は、塩分の浸透などで丈夫になるそうです、よ?

Volvo V60 CrossCountry ダッシュボード
テイラーダッシュボードがあしらわれたInscriptionは、見た目の質感でも大満足だ。

ボルボのInscriptionシリーズは、2018年の夏あたりからテイラーダッシュボードが標準になりました。もちろんその分、値上げです(笑)優しく無いですね!

見た目の品質の高さは高級車には重要ですが、勝手に追加したオプション分お買い得になるのならまだしも、しっかり値段に反映しているのが気に食いません(笑)

とはいえ、今ボルボを検討している方にはぜひ、つけておいてほしいアイテムでもあります。インテリアの見た目がぐぐっと上がる。

いやむしろ、Momentum(V60 CrossCountry無印)にもつけてもいいのではないでしょうか。500万円もするクルマなんですからね。

ちなみに、写真のモデルのオーディオシステムはHarman/Kardonです。ダッシュボード上のスピーカーがありません。
Bowers & Wilkins センタースピーカーBowers & Wilkins にすると、ダッシュボード上に小さなスピーカーがひょっこり姿を現します。これ、とても欲しいアイテムですよね。V60 CrossCountry Proなら32万円、V60 CrossCountryなら42万円!とても高価なオプションですが、あなたのクルマを自慢のアイテムに変えられる最高のオプションです。

V60クロスカントリー リア周り

Volvo V60 CrossCountry リアシート
ボルボワゴン最上と言われるリア居住性を持つV60

リアシートはSPAプラットフォームの中でも最後発なだけあって、十分に検討されています。

座るとわかりますが、あきらかに他のモデルより居心地がいい。XC60をも超えて、V90の域へ達します。着座位置もシートバックの角度もちょうどいい。何も気にせず、お客様をおもてなしできるのがV60シリーズです。

Volvo V60 CrossCountry リア足元
オーバーフェンダーの張り出し具合がわかる

もちろんCrossCountryならではのオーバーフェンダーの張り出しはあります。これはしょうがない。

しかし、真っ白なシート、ステッチがあしらわれたドアの肘掛、飛行機のような分厚いドア。北欧ボルボの真髄を体験できるのですから、(特に北欧好きには)これ以上の贅沢はありません。

Volvo V60 CrossCountry リアエアコン
4ゾーンエアコンは高級車の証だ。

さらに高級車を連想させるリアエアコンコントローラー。V60 CrossCountry Proに装着される4ゾーンエアコンは、リアセンターを除く全ての乗員に快適なパーソナル空間を提供します。

Bピラーにもエアコン送風口が用意されるので(2ゾーンエアコンのV60 CrossCountryにも搭載)リアのお客様が暑がりだろうが寒がりだろうが、問題ありません。

ファーストクラスとはこういう事をいうのですね〜

Volvo V60 CrossCountry リアライト
細かいライト類はあると便利で助かる

リアシートに座る人の、手元を照らしてくれるライト。細かい配慮が行き届いた、とてもすばらしいV60 CrossCountry。

アクティブに遊ぶもよし、お客様をおもてなしするもよし。正にボルボの中核オールマイティー車だと言えます。

至高のボルボクロスカントリー

Volvo V60 CrossCountry コックピット
ボルボ共通のデザインを受け継ぐV60CCのコックピット。見た目の優しさが他の輸入車との違いだ。

クルマを購入して、一番見るのはコックピット。エクステリアではありません。

コックピットデザインに不満があると、後々気になってくるものです。

ボルボのインテリアには不満な要素が皆無!と言いたいところですが、インテリアカラーのチョイスには注意しましょう(^^)

V60 アンバーシート内装
本革アンバーシートとチャコール内装の組み合わせもグッとくる

こちらはV60 Momentum + 本革内装ですが、V60 CrossCountry + 本革でも同じ内装ですので参考に。
この内装のレポートは、ボルボ V60 Momentum+本革の美しすぎる内装を写真で見ようでじっくりと見ることができますよ。

また、V60 CrossCountryとProの差も悩ましいです。

Proでなくても高品質なインテリアを手に入れられる他、Bowers & Wilkins のハッピーサウンドもオプションで選べます。

ベースグレードプラスオプションか、全ての揃ったProか。走行性能に違いが無いだけに、選ぶのは大変です。

Volvo V60 CrossCountry T5エンブレム
T5の横にAWDのエンブレムも

スポーティエンジンのT5エンジンしか選べないのが残念ですが、かっ飛びボルボさえ期待しなければ満足ゆく動力性能です。

(あと、Inscriptionのエンブレムがつかないのは残念です!)

XC70 CrossCountryの正式な後継車を狙う、V60 CrossCountry。悩ましいモデル選びを切り抜けて、楽しいボルボライフをお過ごしください!

なお、V60とV60 CrossCountryの装備一覧は下記リンクから行けます。ご参考にどうぞ。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。