ボルボV40 エンジンチェックマークの対応記録

エンジンチェックマークはディーラーでの改修が必要です

私の愛車「V40 D4」で初のトラブル!

「エンジンチェック」のマークが、走行中に表示されました。

取り扱い説明書を読んでも、ひとまず情報がないのでディーラーへ即電話。車の点検をしたいとの事で、予約をして行くことになりました。

エンジンチェックマークの意味

V40マニュアル

オンラインマニュアルで調べた情報では、「エミッションシステムの異常」となっています。

エミッションシステムとは排出ガス装置の異常のようで、ということは排ガスの浄化がうまくいかないのかな、なんて心配になりながらディーラーへ向かいます。

エンジンの調子が悪いようではなさそうです。走行も安定しているし、どうしたのだろう?

原因はアジア

ディーラーへ到着。待っていた方はナンバープレートを見てだとは思いますが、私の名前をしっかり呼んで案内して下さいました。さすが!(≧∀≦)

いや、そこはいいか。

メンテナンス係の方が、すこし点検して経過を話してくれます。

メンテ係「排ガス浄化装置のオーツーセンサー(O2)の異常で、センサーの清掃とエンジンプログラムの改修を行います。」

「これは故障なのですか?」

メンテ係「故障ではないのですが、アジア圏でのみ発生している症状で、昨年末あたりから情報を本国に送って対応を待っていました。」

「スウェーデンでは発生しない?」

メンテ係「そうです。日本を含むアジア全体で見られる症状です。」

はぁー、高温多湿でのみ発生するんだね。

ボルボは今回で2台目ですが、夏は苦手だなっていつも思います。

エンジンとか元気がなくなるし、車全体がギクシャクするのです。

修理には1時間かかるそうで、そのままディーラーで新型XC40でも見ていようかな、なんて感じで待たせていただきました。

待っている間はヒマヒマ

エクセレントスウェーデンケアリング

さて、XC40でも見るか・・と思いきや、人が多くて見れそうもない。

結局改修が終わるまでは見れませんでした。いや、まだ買わないしいいか・・ブログのネタにしたかったのにな。

ちなみに、まだ1stエディションが展示されているようですね。

他のモデルはまだ出ないのかなー

さらに暇を持て余して、ディーラーにおいてある本を読む。

エクセレント・スウェーデン・ケアリング。初めて見た。

ボルボの紹介記事があるけれど、他の情報が楽しい。あぁ、北欧行きたいな。

・・ブログでも書いているか・・

修理完了

50分ほどで改修が終わりました。

ちなみに、抜本的な対策にはなっていないようで、今後メンテナンスする可能性があるようですね。

もしかすると、ディーゼルモデル全てで改修するのかも。

今後の発表を注意深く見ていましょう。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。