12月22日まで 2019 VOLVO of the YEAR 投票受付中!サイドメニューか記事下リンクより投票画面へお進みください!

【試乗記】JeepRenegade(ジープレネゲード)をボルボ乗りが評価する

いま我が家では2つのグループに分かれてボルボ論争が起きています。私の欲しいV60と、他3名のXC40です。

ピュアにボルボ好きな私としては、V60というエステートは譲れない訳です。ところがXC勢ときたら、乗りやすいとか視界が良いとか、有り触れた評価をするではありませんか。

ボルボブログの第一人者(と思われる)私としては、シートはコンフォートシートが良いしボルボの低い視点が良いし、ブサカワよりカッコいい車が欲しい!

ならば、XC40なんて実はありふれたSUVなんじゃないの?やっぱりボルボはエステートだしょ!を証明する為、ショールームを通り過ぎる時に思わずカワイイ!と叫んでしまったジープレネゲードを試乗しに行くに至りました。

あ、ちなみにJeepレネゲードは、私の作る別サイトで詳しく扱っています。そちらも合わせてご覧くださいね。

カラフルモータース〜車選びを可愛く楽しもう!〜

オートキャンプ場でも、荒野でも、タフで便利で頼りになるクルマがあると嬉しいですよね。特にアウトドアを趣味にしている人には…

Jeepディーラーは質が高い

Jeep Renegadeエクステリア

ところで、この争いに全く関係のないジープレネゲードですが、そのスクエアボディは気になっていました。

なにせキュート。オレンジや水色やイエローと、原色好きな私の心に小骨のように刺さっていたんです。ジープという無骨なイメージとは程遠い。街中でラゲッジルームに花とか鉢植えとか積んだら様になるだろうなーなんて考えていた、なにせエクステリアデザインの素晴らしい車なのです。

花も鉢植えも触りもしないのにね。

で、この機会に乗れて実は微ハッピー。ビデオの練習とかも兼ねられるし、ワクワクしながら予約の電話を入れました。

ちなみに、ディーラーの受付の女性が電話越しでも美人とわかる美声だし、試乗車があるか即答だしで、いやFCAグループもやるなって思っちゃったり。

JeepRenegadeをボルボ乗りが評価する

レネゲードのエクステリアは最高です!

Jeep Renegade 全体

それでディーラーに着いたんですが、目の前にあるブルーのレネゲードとイエローのレネゲードが可愛くってたまらない!

XC40もMomentumのホワイトルーフプラスカラフルボディを用意してくれればいいのに、私の行くディーラーはいつも白です。あ、そんなワガママ言ったら、今度Momentumの試乗車用意してくれるって。これも楽しみ。

とにかくパッションカラーで嬉しくってついつい写真を撮りまくり。特にフロントドアの上部が前に向かって沈み込んでいて、かっこいいんですよ。造形にはかなりお金がかかっています。

XC40より上なんじゃないの?なんて言いながら、夫婦2人でリアシートに座ってみたんです。

 

あれ?

レネゲードのインテリアは最悪です!

Jeep Renegade 本革シート
フロントシートは気持ちいいが、内装が黒くて写真に写らないレネゲード。

リアシートはサイドのサポートが全くありません。

レネゲードのリミテッドという上級仕様ですが、リアシートはフラットになっていて、身体が自由に左右に動く。いや動いちゃダメでしょう?

足元の広さはXC40と五分五分です。座面は少しレネゲードが低い。正直言って長時間は無理。

これは試乗するとさらにハッキリとわかりました。

私は運転席を担当しましたが、リアシートに座った方は大変だったらしく、突き上げが結構キツイと言っていました。

VOLVO XC40 運転席
XC40のインテリア 隅々まで丹念に作り込まれています。

内装も黒一色でつまらない。一応300万円超えてるよね?質感は日本の軽より低いレベル。いや、日本の軽が高いレベルか。

何よりエアコン操作パネルとドライバーディスプレイ部のデザインのちぐはぐ感が酷い。これは酷評レベルです。これならXC40のベースグレードの方が良いんじゃないの?という事になってしまいました。

レネゲードは運転すると気持ちいいです!

Jeep Renegade Aピラー

さて、いきなり一つ上のクラスの車と対決になってしまったレネゲードですが、良い部分もたっぷりあります。

一つはフロントの乗り心地の良さ。それなりに大きなタイヤだし、扁平率も高くはありませんが、路面のデコボコはバタつかないしロードノイズも拾わない。

運転している分には、リアの挙動も落ち着いています。それでも座っている人がキツイというのならキツイのかな?試乗車はリミテッドというFF車なので、AWDのトレイルホークなら落ち着くのかも。

低速だけなら、XC40に劣らない乗り味を出しています。XCほどキビキビ感はありませんが、嫌なもっさり感もない。いいところに落とし込んだなって感じですね。

Jeep Renegade コックピット

エンジン音は静かで、耳をすまさないと聞こえないレベル。トルクもあって走りやすい。アクセルに対してスッと前に出る感覚は、上品さを感じるほどです。

耳を凝らして聞いてみたエンジン音で気になったのは、少し回転数が高い気がする事。トルクはあるけど回転数でもパワーを稼いでいます。聞けば燃費は8km/Lから9km/Lだって。コンパクトSUVなのになあ。やっぱり1.3リッターじゃきついんじゃ無いの?そこそこ大柄ボディですしね。

 

それでも素直でクセのない回答性は、ライントレースもしやすくって、エクステリアで勝負しつつ、インテリアに手を入れちゃうヤンチャな子には向いているんじゃないかな、なんて感じました。

さらにはEV化も発表されてますので、もしバッテリー積んだらさらにコンフォートになりそうな予感。以上レネゲードの良いところでした!

スポンサーリンク

JeepRenegadeをボルボ目線で見る

Jeep Renegade インテリア

しかし私は、ジープレネゲードは買えません。やはりコックピットデザインは重視したいし、リアシートも拘(こだわ)りたい。

運転手はエクステリアよりインテリアをずっと見ているし、ハンドルを握ってセンターパネルを見て、良い車買ったな〜って思いたいんです。

それに、リアシートだってそう。予算がありませんでした。だからリアはペラペラにしました、はダメなんです。ならばフロントの予算削って良いから、リアシートに回して欲しい。

リアシートの座り心地が悪いとね、姿勢が悪くなるんですよ。その時事故にあったらどうなるでしょう?

以前も言いましたが、車に対する考え方って、リアシートに表れると思ってます。だから座りの悪いリアシートはNG。車ごとNG。この日スズキのハスラーとメルセデスのスマートに乗ってきましたが、どちらもリアシートは作り込まれていましたよ?

ついでを言えば、ISOFIXチャイルドシートの取り付けが明記されていない。エアバッグなどの安全装備はマアマアついているし、チャイルドシートシートがつけばリアシートの評価は少し上げても良かったんだけど。フラットな座面にも意味が出てきますからね。

見た目が良かっただけにスッカリ悲しくなった私は、XC40ってすごいなーなんて考えながら、V40のハンドルを握りました。

そして懐の深いサスペンションの動きに、もうしばらくこれでいいかなって思っちゃった次第です。ちゃんちゃん!

試乗車 Jeep(R) Renegade Limited

諸元
エンジン 1.3リッター直列4気筒ターボエンジン
出力 151ps/5,000rpm
トルク 270Nm/1,850rpm
サイズ(mm) (L)4,255 x (W)1,805 x (H)1,695
ホイールベース(mm) 2,570
車両重量(kg) 1,440
サスペンション(前/後) ストラット/ストラット
タイヤサイズ 215/60R17
駆動 前輪駆動
トランスミッション 6AT
価格 ¥3,550,000(2019年8月現在)

ボルボ抜きで考えるとしたら・・

ビーツオーディオが装備されている安いグレードはいいと思います。内装はまったく気にせず、エクステリアとサウンドでキャンプでも海でも行けるでしょ!

インテリアは散々言いましたが、2人でしか乗らなくて、将来骨太なJeepに乗るのなら黒い内装に慣れておけるし良いのかも。

乗り味はもしかしたら、日本車に比べれば硬めなのかもしれません。その分キビキビ動きます。硬くても乗り心地がいいって、実際にありますよ。ボルボもそうだし、レネゲードも十分いい。硬くて不快なのは、クルマのキシむ音とかタイヤがドタドタする感触とか、そんなんでしょ。乗り心地も操作性も両立するから、いいって評価されるんですよね。

 

そんなこんなで、XC40ってやっぱり凄いんだなってことがよくわかった私。確かに値段なりではあるけれど、思想の差で勝っちゃいますね。ボルボXC40。

だからといってV60を諦められるわけではないのですが。。。

 

さて、ボルボ目線の試乗記はまだまだ続きます。次回をお楽しみに!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。