ボルボV40 レーンキーピングエイド(LKA)を試す

レンキーピングエイドのおかげで助かっちゃいました

私がV40に乗り換えた理由に、運転能力の低下があります。

運転中に眠くなったりして、知らないうちに前の車に近づいてしまい、追突事故になりそうになったことも何度かあります。

最新の車に乗っていれば回避できるのなら、是非車を入れ替えたい。不要な事故を減らしたい。

そこで、インテリセーフ搭載のボルボへ入れ替えたのですね。

さて、今回はインテリセーフの中の、レーンキーピングエイド機能を試します。

高速道路内で実際にレーンを逸脱しないのか。どうなのか。

レーンキーピングエイドとは

V40インテリセーフ

高速道路を走行中に、レーンを逸脱しようとする時に機能する運転補助装置。

無意識のうちにレーンを逸脱しそうな場合に、ハンドルを穏やかに補正します。補正では足りない場合、ハンドルの振動で注意を促します。

今回は、東名高速道路で周りに車がいない時に、わざとカーブの時にハンドルを傾けずにいます。事故を起こさないように、緩やかなカーブで実施します。

ただし、ハンドルには手をかけておきます。想定は、ちょっと疲れてきていて意識が飛び気味の状態です。

テスト開始

ステアリング

さて、テストを試みるのですが、意識がある時にカーブでハンドルをきらないのは、緩やかなカーブだとしても中々怖いです。

3車線道路の真ん中を走行して、余裕のある状態で試すのですが、車線逸脱ギリギリになるとハンドルを戻したくなります。

しかしそれを承知で無理してハンドルを切らずに頑張ります。切りません、切りません
・・

すると、車線のギリギリのところを沿って走るように車が勝手に補正するではありませんか!

この時、ハンドルは振動していました。しかし、気付くかどうか微妙な振動です。ブブッブブッというような振動。

少し気づきにくいけれど、その前に車が補正してくれているので安心ですね。

車線逸脱ギリギリで補正がかかる

この機能で助かったこともあった!

高速道路

これはテスト中ではなかったのですが、何かでハンドル操作を間違えたようでかなりの速度で車線を出てしまいそうになったことがあります。

その時私は何かに気をとられて、ハンドル操作を間違えていることに気づいていませんでした。

不意にハンドルが振動!

その時、僅かに車線を出ていたのですが、レーンキーピングエイドの機能により逸脱する加速度が抑えられ、となりの車に接触せずに済みました。

ハンドルの振動は予測していない場合は強く感じました。

警告を受けた瞬間に、ハンドルを補正して車両を車線内に戻すことができたので本当に助かりました。ボルボ1台分得した感じでしたね( ´ ▽ ` )

ハンドルの振動は意外に気付きやすい

ハンドルに手をかけていないと作動しない

天気が悪い時の運転

ボルボのマニュアルを見ると、レーンキーピングエイド機能は、ハンドルに手をかけていないと作動しないとなっています。

手放し運転の為の機能ではなく、あくまでドライバーの運転を助けるものと言うことです。

ハンドルに手をかけていない時は、この機能は解除されるとなっています。

ちなみに取り扱い説明書には、機能には限界があり、いつでも動作する保証はないと記載されています。

レーンキーピングエイドの実現で使用されているカメラセンサーにも、人間の目と同様に限界があります。

凍結道路や著しい悪天候での動作は保証しない。あくまで運転の主役はドライバーです。自動運転ではないので、ご注意下さい。

ハンドルはしっかり握っていよう

ウインカーを出している間は解除される

ちなみに、ウインカーを出している最中は、レーンキーピングエイドは解除されます。

たまに、特定の都内ナンバーが高速道路でウインカーを出さずに車線変更しているのを見ますが、このような運転は必ず警告を受けることになります。

故意による危険運転を減らせる可能性があるということですね。とても素晴らしい機能です!

心のゆとりが安全運転を生み出す

V40のフロント

これらインテリセーフ機能がしばしば機能すると、安心して運転する事が出来るようになりました。

すると、運転時のプレッシャーが軽減したのか、疲れにくくなったように感じます。

眠くなるようなことも少なくなりましたので、安全度も上がりました。

買ってよかったボルボ!付いててよかったインテリセーフ!

どうせ買う、つまり投資するなら、安全に心がけている良い会社を選びたいですね。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。