ボルボV40 エアコンの効果は手動操作でカバーする

夏のボルボV40のエアコンは、温度設定をLoにすればとても冷える。

冬のボルボV40はアイドリングストップするとガラスが曇るので困る。(デフロスターを入れるしかない)

ボルボといえば、冷房が効かない、という言葉を耳にします。

確かに、V50は本当に効きませんでした。

さらに昔のボルボはもっとひどかったというのですから、随分良くなったと考えられます。

さて、その現行ボルボですが、冷房はどれほど強くなったのでしょうか?

私は仕事柄色々な車に乗りますが、日本車のエアコンの効きの良さは素晴らしい。

ジメジメした日本で作った車だけあります。

日本車は冷房を最高出力にすれば、かなりの速さでキンキンに冷たい空気が流れてきます。

では、ボルボV40はどうでしょう?

真夏の暑い時に車に乗り込み、エンジンをかけると、エアコン口からたしかに涼しい空気が流れてきます。

そして、ものすごい勢いで涼しい空気を出し続けます。

ですが、日本車のようにキンキンにはなりません。

ボルボV40でキンキンに冷やす解決策

これはオートエアコンが入っているからですね。

オートエアコンの機能の考え方が、日本と違うのだと思います。

簡単に答えを書けば、温度設定をLoにする、となります。

しっかり性能はあるので、これである程度キンキンに冷えた空気が流れてきます。

でもなんだか、オートエアコンじゃないよね、これ。

オートエアコンっぽくないけど 温度をLoにすると効果が増す

ボルボV40もV50も保温効果で冬あったか

しかし良いところもあります。

夏はとても大変ですが、冬はとても暖かいのです。

まず、車がなかなか冷めません。

車を止めて、買い物をして車に戻っても、車内は暖かい。

断熱性能はとても素晴らしい。

ちなみに夏場も、冷気もあまり逃げないような気がしますよ。

比べる車がADバンやフィットとかなので、正しく比べられているか、なんとも言えませんが。

断熱が上手にできていて 車内の温度を急激に上下させない

ボルボV40もV50も冬がすきか

V50から感じていますが、ボルボはやはり冬季に強い。

特にエンジンは冬場に好調で、回転もかろやかになりますね。(これはV50では顕著でした。)

走っていて、気持ちいいのも冬です。北欧ボルボ、冬が好き。

しかし、困ったこともあります

ボルボV40はアイドリングストップでガラスが曇る

(ちなみに、V50はアイドリングストップしませんので大丈夫)

ボルボV40はアイドリングストップ中、エアコンは動作するのですが、たぶん除湿の機構が弱くなるようです。

ですので、フロント窓が、アイドリングストップ中に曇ります。

寒ければ寒いほど、曇る程度もひどくなります。

そこで、デフロスタースイッチをオンします。

すると、アイドリングストップは解除されて、エアコンも通常モードへ戻ります。

アイドリングストップしたいのに、完全にできない運用になってしまいます。

いま私のおこなっている、一番簡単に窓の曇りを取る方法、それは、ブレーキを一旦ゆるめてエンジンをかけ、その後再びブレーキを踏み、アイドリングストップに移行せずにエアコンを動作させる、という流れです。

デフロスターを起動するかアイドリングストップを解除することで窓の曇りは対処できる

ガラスの曇りは日本車/ハイブリッドカーに軍配があがる

これは正直、ハイブリッドカーが強いなと思います。

エアコンはしっかり動作させたまま、アイドリングストップ機構が動いています。

(フィットハイブリッドの場合です。他の車については未調査です。)

わざわざブレーキを緩めたり、デフロスタースイッチを押さなくても、窓ガラスが曇るような動きは見せません。

やはり、日本の梅雨、夏は、日本車のほうが快適に過ごせそうだな、と思いますね。

エアコンはやっぱり日本車が強い

まとめ

冷房の効きの良さの話から、冬季にガラスが曇ることまでお話しました。

一応手動操作である程度使えるようになれますが、ボルボさん、あなたプレミアムカーでしょ?

エアコンの動作については、もうしこし改善してほしいな、なんて思います。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。