ボルボ アクティブハイビームの使用感と解除方法

  • 2018年9月17日
  • 性能
  • 3283view
  • 0件

まっくらな田舎道。先の見通せない道では、ハイビームでの走行が望ましい。

しかし、不意にカーブの先から車が来た時は、「ジェントル」にハイビームをオフにしたいところです。

この操作を自動化したのが、アクティブハイビームです。

時には便利に、時には不便なこの機能を、映像つきで解説します。

アクティブハイビームを映像で確認

まずは映像を見て欲しいです。

対向車が来ると、アクティブハイビームの機能によりハイビームがオフされます。

また、対向車とすれ違ったあとは、再びハイビームがオンになります。

※手ぶれ補正をいれると映像が乱れるため、編集していません。その為、画面が大きく揺れます。酔いに注意して見てください。

アクティブハイビームは、カメラで対向車を検知すると、ハイビームをオフにする、という説明になっています。

映像で見れば、対向車が迫って来るとハイビームがオフになる事がわかると思います。

とても便利です。対向車に気を使うこともなく、対向車に気遣いをしている。操作の自動化は本当にありがたい。

街中では使い勝手の悪いことも

しかし、都会では少々困ることもあります。

街中でハイビームにする機会は少ないとは思いますが、それでも必要になるシチュエーションは無くはありません。

例えば、少し先に見える落下物の事前確認。なにかあるな、と思った時に、ハイビームを使いたくなったりします。

そんな時、このアクティブハイビームをオンにしても、対向車に反応してハイビームがつきません。

また、道路脇のライト(車ではない)に反応する場合もあるようです。

徐行運転中はハイビームがつかない

また、暗くて狭い路地を徐行している場合などでもつかない事があります。

先が見通せないので徐行しなかがらハイビームをオンにするのですが、速度があがらないとハイビームがつきません。

シチュエーションとしては少ないのですが、欲しい時に点灯しないのは焦ります。

視認性を高めることは安全に運転することと直結しますから、制御を変えてくれると嬉しいですね。

なお、時速20km/hをこえないと機能しないと、マニュアルに書いてありました。

アクティブハイビーム機能の解除

いろいろな理由で頻繁にハイビームを使用したり、危険を感じる事があれば、アクティブハイビーム機能をオフにすることをお勧めします。

ライトのスイッチは、基本「AUTO」となっていると思いますが、ひとつ右の手動オンの位置にすれば、アクティブハイビームは機能しなくなります。

ちなみに、パッシングとして使いたい場合も、「AUTO」では作動しませんので手動オンの位置にして使用できるようにします。

アクティブハイビームを使ってはならない場所

それでも基本的には、対向車に気を使って走行するアクティブハイビームを使用することが望ましいでしょう。不要なトラブルも回避できますし。

対向車がほとんどない山道、急なカーブなどは、もちろん手動でオンしておくことをお勧めします。ボルボのオーナーズマニュアルに記載されている、手動でハイビーム/ヘッドライトをオンにしなければならないシチュエーションは以下の通りだそうです。

・激しい雨や霧の中の走行

・着氷性のある雨の中での走行(??みぞれなのかな)

・雪嵐や溶けかかった雪道での走行

つまり、天候が悪い時や雪の中では無理ってことですかね?

・月明かりで走行するとき

・明かりのすくない建物密集地域を走行する時

やはり、細い路地では作動しないのですね。先にマニュアルを見るべきでした。

・前方の車両のライトが暗い時

・道路上や道路脇に歩行者がいる場合

・道路周辺に看板など反射性の高い物体があるとき

・中央分離帯などにより、対向車のライトが遮られている時

日本の街中はほとんどが該当します。

・稜線や谷底を走行するとき

・急カーブを走行するとき

ここまで色々記載されると、責任逃れのような気もしなくはないのですが。。。

基本的にはハイビームの切り替え義務は運転者が持っている、ということを前提として機能ですよー。

便利な機能だけれども、完璧では無いから前方への注意は必ずしていてねー。

ということだと思います。

アクティブハイビームは使うべき?

V40マニュアル

説明書ではいろいろ記載されていますが、使ってみれば便利な機能。

気をつけたいのは、街中では故障しているかのように動作しないこと。

私のお勧めの使用環境は、以下の通りです。

街中ではパッシングなどでしか使用しないのでどちらでも(パッシングさえ使わない人は機能オン)

 

郊外でハイビーム走行が基本的に必要な場合に機能オン

 

交通量が著しく少なく 街灯のない道路では機能オフにしてハイビームオン

ですね。

普段意識しない機能なので、説明書を読んでしっかりと機能を理解しておくことが重要と思います。

せっかくの便利機能。使いこなしましょう!

about-VOLVOのオススメ記事

https://about-volvo.11-life.com/buy-shift/

https://about-volvo.11-life.com/performance-8wayseat/

https://about-volvo.11-life.com/travel-v40-suwa/

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。