D6があったなんて!ボルボとディーゼルよもやま話

売れるものは売ってほしい、だってボルボは10年乗り続けられるのだから。

という事で散々ディーゼルモデルを輸入してほしいと願い続けていましたが、残念ながらボルボ・ディーゼルは輸入されない模様です。

思えばディーゼルエンジンは、もてはやされては突き放され、新技術によりまた持ち上げられるの繰り返し。ディーゼルエンジンだってまいってしまいますよね。今回の記事では、今後ひっそりと販売終了していく予定のボルボのディーゼルエンジンのよもやま話をお伝えしましょう。

VOLVO D6 TwinEngine AWDの存在

ボルボV60カタログ画像
出典:Volvo car japan

日本には輸入されていませんので忘れ去られた存在になりかけていますが、aboutVOLVOを読む方には是非覚えておいていただきたい。

ボルボエンジンマニアには最高(?)に眉唾物なスペックのエンジンが存在していました。それが「D6 TwinEngine AWD」。

最高出力280ps、最大トルク640Nmを誇るこのシステムは、直列5気筒ディーゼルエンジン+電気モーターという、つまりDrive-E世代ではないけれども電気モーターつけちゃいました!なもので、欧州ではディーゼルを販売しないとやっていけない台所事情(燃費事情)があることがわかります。

D6 TwinEngine AWD spec
ENGINE Power 215ps/4000rpm
Engine Max Torque 440Nm/1,500rpm〜3,000rpm
Motor Power 68ps
Motor Max Torque 200Nm
System Power 280ps/4000rpm
System Max Torque 640Nm

気になる燃費ですが、データは残っておらずわかりません。WEBで検索して調べた結果、55km/L〜10.4km/Lの間のよう。プラグインハイブリッドなので、電気だけで動けるゾーンもあり正確な計測は困難です。

ただ環境性能はすばらしく、CO2排出量は48g/kmと、現代のディーゼルエンジンよりも上なんです。

さて、家の近くを電気で走り、長距離ドライブはディーゼルで燃費を稼ぐ。この夢のようなエンジンはなぜ後継モデルがなかったのでしょうか?答えは簡単でした。

「重すぎるから」

このエンジンは旧V60に搭載されていましたが、XC90 T8 TwinEngineAWD よりも 約200kgも重い車両重量によりハンドリングは劣化(おかげで乗り心地は大変良いらしいです)。ラゲッジスペースを電池とモーターの位置とした為、荷物の積載量も減りました。

Bringing that mass down to a stop is one of the V60 D5’s most unpleasant aspects, as not only does it require more braking effort than a lighter equivalent car without hefty batteries in the back, the brake pedal itself has very little feel and is too imprecise.

出典:AUTOEXPRESS

翻訳:その重量を停止させることは、V60 D5で最も不快なことの1つです。背中にバッテリーを積まない軽量なモデルに比べ多くの制動力が必要なだけでなく、ブレーキペダルのフィーリングがあまりにも小さく、不正確です。

※注意 AUTOEXPRESSのレビューはV60 D5 TwinEngineのものです。D5 TwinEngineもあったのです!(笑)

しかし、このモデルは実は「購入可能な実験車」だったようで、ボルボもこの車が今後発展するモデルでは無いとわかっていたようです。ですが、2016年時点ではライバル不在の「ディーゼルハイブリッドエステート」。その地位に甘んじることなく姿を消した代わりに、重量もドライブフィーリングも洗練されたV60 T6 TwinEngineが出たことは、ボルボが積極的に新技術にトライする中で技術力の積み上げにしっかりと貢献したモデルなのだと誇りに思えますね。

がんばったね!ディーゼルTwinEngine!!

日本に入らないディーゼル達

volvo-engine-4cylinder
ディーゼルエンジンは重量差を燃費で打ち消す実力がある

もうひとつ、ディーゼルの話をしましょう。

今日本で買えるディーゼルエンジンは、190psのD4エンジンと235psのD5エンジン。実はボルボは小さなメーカーの割にエンジンの種類が多く、日本でメンテナンスを担当するボルボ・カー・ジャパンも頭を抱えているに違いありません。

ディーゼルエンジンはディーゼルゲート以降、販売終息を宣言。ボルボは電動化へ向かっていく決意をしますが、ボルボ・カー・ジャパンも追従するようにディーゼルの販売を取りやめることにしました。

それは、以下の表を見てもらえれば、あまり多くのディーゼルモデルを入れたがらない理由がわかるでしょう。

T6 T5 T4 T3 T2
排気量 2.0L 2.0L 2.0L 1.5L 1.5L
過給システム スーパーチャージャー

ターボ

ウェイストゲートバルブつき

ターボ

ウェイストゲートバルブつき

バランスシャフト あり あり あり なし なし

上はガソリンエンジンで、すべてのモデルが日本へ輸入されています。XC60などに搭載されるT6は、スーパーチャージャー付きです。でも高額車であまり台数も出ないので、ひとまず輸入しているようですね。

3,500rpm以下を分厚く過給するために搭載されるスーパーチャージャー。新型S60に搭載されて輸入されたら、ハイパーマシンとしてぶいぶい言わせられます!でもボルボオーナーはそんなことしないか!

で、ディーゼルはというと。

D5 D4 D3 D2
排気量 2.0L 2.0L 2.0L 2.0L
過給システム 2ステージシーケンシャルターボ

可変ノズルターボ

2ステージシーケンシャルターボ 可変ノズルターボ ターボ

ウェイストゲートバルブつき

バランスシャフト あり あり なし なし

ということで。。。

ディーゼルエンジンだけでさまざまな組み合わせが用意され、煩雑極まりない構成です。

エンジン回転数に応じてハウジング内の排気ガスの流量を制御して過給効率を上げる「可変ノズルターボ」、排気ガスを分流して過給圧の安定を得られる「ウェイストゲート」。そして2ステージシーケンシャルターボを組み合わせて出力を調整しているボルボディーゼルエンジン群。

ガソリンエンジンに比べれば、管理しなくてはならない部品数も増えることが考えられますね。顧客のことを考えなければ面倒な仕様追加はしたくないことでしょう。こうして日本人には知られずに終わりを迎えるディーゼルエンジン達。まあそれでも、すでに販売済みのD4は入れてくれたっていいじゃなですかね〜(ㆀ˘・з・˘)

新しい技術革新はあるか?

ボッシュのディーゼルテスト
出典;ボッシュ

ということで、子供や孫に「昔はボルボにもディーゼルエンジンというのがあってね。。。」という話ができそうな話題でした。

ところで、以前ボッシュが新しいディーゼルエンジン用技術を開発した、というお話をしました。NOxを大幅削減する技術開発により、ディーゼルエンジンにはまだまだ将来がある、としていました。

どうやらボッシュは、燃料事業にも手を出すようです。完全に再生可能なディーゼル燃料のテストに参加。このディーゼル燃料の原材料はなんと、廃棄物。

目のつけどころが面白いなと思ったのは、廃棄物や食用油は、燃料へ改質する前までにすでにCO2を排出した事となっているため、カーボンフリーとみなすことができる、ということ。この燃料はC.A.R.E.ディーゼルといい、フィンランドのNeste社で製造しています。完全に再生可能なディーゼル燃料を開発できれば、油田からクルマの走行までのCO2排出量を最大で65%削減できるとしています。

フォルクスワーゲンの不正を助けたとして、政府から罰金の支払いを命じられたボッシュ社は、汚名返上の為に努力し続けているようです。

ちなみにこの「完全に再生可能なディーゼル燃料」については、aboutVOLVOの主張に合致します。燃料はやはり液体で保存しておくのが一番効率が良いこと、ディーゼルは再生可能な燃料で走行できること(ガソリン車では絶対に無理です)、電気自動車の開発には時間がかかり、重量もサイズもかさむこと。いきなりディーゼルNoを言うのはもったいないことです。

ボッシュにはしっかりと、このテストをやり遂げて欲しいですね。

まとめ

ということで、ディーゼルに関するお話を3ついたしました。

ドイツの自動車メーカーはどんどんディーゼルモデルを発表してきます。対して他の国の自動車メーカーは、ディーゼルを製造しない会社も出てきています。

とりわけディーゼルを辞めた会社は、小規模な自動車メーカーが多く、電気に向かう以上は何かを諦めないとならない、となった時に、健康被害が予想されるディーゼルエンジンに白羽の矢が立ったのでしょう。

しかし、今の自動車会社はサプライヤーが命です。ボッシュなどのサプライヤーがディーゼル用技術開発に成功すれば、また日があたる事もあるかもしれません。

洗練された今の時代に、心臓の鼓動のように大きな音を立てて走るクリーン・ディーゼル車。まだまだ興味がつきませんね!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。