【Daily VOLVO News】純正保険にある「スモールリペア補償」には事故証明が必要と判明

ボルボの純正保険には「インテリガード10」という独自サービスがありますが、飛び石・いたずらのスポット修理「スモールリペア補償」では警察の事故証明が必要とのこと。

いたずらなだけに警察に来てもらう必要があります

先日私の愛車V40のDピラーに、飛び石のような傷がつきました。

あまりにも悲しくて写真などは撮っていなかったのですが、ちょうど車検の入庫前だった為ディーラーへ相談。すると、「インテリガードのスモールリペア補償での修復には、警察の事故証明が必要」と知らされました。

困惑した私ですが、「本来なら傷がついた時点で警察を呼んで欲しいが、いつ傷がついたか判らないケースも多々あるので事後として届出しても良い」との事。

 

ちなみにその飛び石傷は、なぜか自己修復して跡形もなく消えていました。たしかに凹んでいたのだけどな。。。

 

ボルボの純正保険には「インテリガード10」という小さな傷や自動車生活でおきる物損を補償する独自サービスが附帯するほか、「新車提供サービス」という半損以上の事故が発生した場合に新車相当額が払い出されるサービスもついています。

保険料率は8。ボルボV40 D4 Momentumでは月額8,500円ほどです。(ゴールド免許 20等級)

 

Daily VOLVO News 

毎日のボルボの小ネタを見つけては発進するだけのミニコーナー。ボルボに関係するのなら、他の輸入車の情報も載せてしまいます。

 

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。