【Daily VOLVO News】おめでとう!VOLVO S60登場

新型S60 登場おめでとうございます!まずはお祝い!

一方で、デジタルカタログの主要諸元表がリンク切れを起こしていて、内容が詳しく見えない!なぬぅぅ!?

という事で、わかる範囲内でS60の事を調べてみました。

予定通りの高価格

見出し用写真 VOLVO V60

いきなりケチをつけて申し訳ございませんが。。。なにせ皆さん気になるのは、価格かと思います。普通に考えて、ワゴンボディよりも安いはずのセダンボディ。もしかすると、ボルボのSPAプラットフォーム車が手に届くかもしれない!と待っていた方もいたことでしょう。

残念ながら全般的に値上げです。しかもMomentumなんて、ワゴン/セダン差で約20万円差。その他のモデルではセダンのS60の方が高いことがわかりました。

S60V60
T4 Momentum489万円
T5 Momentum508万円
T5 Inscription614万円610万円
T6 TwinEngine AWD Momentum671万円
T6 TwinEngine AWD Inscription779万円773万円
T8 TwinEngine AWD Inscription844万円
T8 Polestar Engineered919万円

※ 1万円未満切り捨て 税込み価格

というわけで。。。私の予想は外れました!すいませんでしたーー!m(_ _)m

それにしても解せないのが、T4 MomentumとT5 Momentumの差額。セダンが全体で4万円高額なのはわかりました。解せぬけれど理解しました。けれどエンジングレードの差はもっと価格差があっていいはずです。

その理由はこれです。

XC40
T4 AWD Inscritpion518万円
T5 AWD Inscription569万円

※1万円未満切り捨て 税込み価格

XC40ではT4とT5の価格差が51万円なんですよ。普通に考えればその差額があっていいじゃないですか!それがないんですよね!

今、デジタルカタログがリンク切れしているというお間抜けなボルボ公式ページですが、詳しくわかり次第つっこみ記事を書くつもりです。今回はジャブで。

ちなみにスウェーデンでのグレード価格差は、以下のような感じです。オプション装備の詳細は標準のまま。詳細はわかりませんが。。。

スウェーデンクローナ円(11円で計算)
S60 T4 Momentum324,900357万円
S60 T5 Inscription398,900438万円

ここにインテリセーフなどの安全装備をてんこ盛りにするのが日本仕様。それは良いとしても、あまりにも日本と価格が離れている。さらにInscription化とT5化の価格差はたったの81万円。

まっとうな商売。なぜ日本でできないのでしょうね?

出典:Volvo Car

かっこいいS60。新モデルが出なければ、XC90まで最新のモデルが出ない氷河期へ入るボルボ。積極的に売りやすい価格設定にしてほしい。

 やるならここまで付けるべきか?Bowers&WilkinsはInscription専用装備だ。

ハイパフォーマンスオーディオが出力アップ

V60 T5 Momentumでは170Wだったオーディオが、S60 T4 Momentumでは330Wへ出力アップする模様です。

スピーカー数は同じ10個ですが、出力アップは嬉しい限り。

(見積もりシミュレーションからの情報です。)

メタリックペイントがV60より値上げ

見た目でわかります。完全に消費税便乗値上げ。数値を切りの良い価格にしたくって、切り上げしています。

S60V60
メタリックペイント92,000円91,666円
クリスタルホワイトパール120,000円112,037円

ディーラーでしっかり理由を尋ねれば、不可解な部分は値下げしてくれる事でしょう。VCJのガメツさだけを感じる価格設定。

レザーパッケージはV60より値下げ

若干装備の簡素化が計られる為、値下げです。

S60V60
レザーパッケージ410,000円458,334円
フロントシートヒーター
運転席8ウェイパワーシート
助手席8ウェイパワーシート
本革シート
キーレスエントリー/KEITAG
ダークテインテッドガラス
パワーテールゲート(トランクがひらく)

テールゲート、S60にはありませんからね。パワーテールゲートではなく、足をセンサに反応させることで開くトランクを手に入れたS60。ま、便利ですね。

プラスパッケージは値上げ

Inscriptionならば装着したいプラスパッケージ。サンルーフとテイラードダッシュボードで完璧な豪華S60が誕生します。

そのプラスパッケージ(Inscription版)は、サンルーフは個別装着するとV60より1万円安いのに、パッケージにすると7千円高いというアベコベ価格設定に。

まあ、すでに突っ込むの辛くなってきました。

最大の問題は?

見出し用写真 XC90

今回の発表で私が一番に感じたことは、新鮮味。ものすごくカッコいいセダンの登場だ!と気合を入れていましたが、V60のセダン版でしょ?という感覚から逃れられません。

じっくり見ていれば最初からわかっていたのですが、リアタイヤの位置が悪いのかプロポーション的にいまひとつ。。。もう少しリアタイヤは前にあってもいいなあ、なんて思っていました。もちろん、個人の感想ですが。

それでもフロントマスクは随分とV60のものを見ているし、リアのC〜DピラーにかけてのデザインはV60が大変かっこいい為、S60は苦戦を強いられそうです。それでも価格が安ければ、なんとかなるんだろうに。まさかのV60との競合だなんて。

11月5日には各メディアから、試乗記の記事が登場しました。そこにも価格差について書くメディアはありません。

やはり、ボルボとしては突っ込まれたくないものなのでしょうね。なんとも思わないのかな?

 

などなどの情報をざっと網羅したところで、今回は終わりです。キーポイントはデジタルカタログですので。。。またはディーラーでもらってくるなりしないといけません。

さあ皆さん、このスタイリッシュセダン、買いますか?買いませんか?

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。