ボルボXC40 FFとAWD 性能で選べばどっちが買い?

T4すっぴんモデル(FF)指名買い以外は AWDをおすすめ

SUVといえばAWD。という時代は終わりを告げ、今やちまたにはFFのSUVはたくさん走っています。

ボルボもそうで、XC40にはFFモデルが設定されています。

FF、AWDどちらのモデルも選べるとなると、迷いが生じますよね(^^;)

ではFF、AWDどちらを選べばいいでしょうか?

ボルグワーナーのAWDシステム

ボルボXC40に搭載されているのは、アメリカはボルグワーナー社のAWDシステムです。

ボルグワーナー社は他にも、XC90のTwinEngine用の四駆技術、Drive-E用のターボ技術の供給を行っています。

Drive-Eのきめ細かなターボの質を見るに、きっと技術力の高い会社なのでしょう。

ボルグワーナー社のAWDシステムは、クロカンの代表メーカー「レンジローバー」のSUV「ヴェラール」や、

「BMW」の「2シリーズ」にも採用されています。

トラクション性能

自動で最適なトルク配分を行うという、ボルボのAWDシステム。

どれくらいのトラクション性能なのでしょうか。

実はXC40のカタログにさえ、AWDシステムの詳細は書かれていません。

それどころか、以下の4行しかかかれていない(笑)

 

滑 りや す い 路 面 を 走 行し て い るとき や 牽 引 時 の 安 定 性 向 上 に 寄 与 す る 、ト ラ ク シ ョ ン 性 能 に 優 れ た A W D モ デ ル も ラ イ ン ナ ッ プ し ま し た 。 急傾斜や滑りやすい斜面を下る際には、ヒル・ディセント・コントロールが 最大限の安全性を確保します。

出典:VolvoCarsJapan デジタルカタログ XC40

日本でも雪のシーズンが終わったあとに納車開始だったし、評価している人がいない・・

ですので、海外自動車メディアの動画を探してみました。

動画で性能を確認!XC40のAWD性能

 

つるつる?の雪面を4つのタイヤが蹴っているのがわかります。滑りながらも方向転換しているのを見ると、しっかりコントロールできているのがわかります。

FFモデルだとリヤタイヤが流れないので、おしりが流されてしまうでしょう。お金を出しただけある、しっかりしたAWDが手に入りそうです。

しかし、アマゾンブルーのXC40、雪道との色のマッチングが最高ですね!(≧∀≦)

AWDをしっかり理解しよう

雪道のイメージ

動画を見ていただいた通り、しっかり4輪が動作するAWD。しかし、滑りやすい路面がなければ、あまり実用ではありません。むしろAWDシステムを搭載した分、車重が重くなってしまいます。

AWDシステムを使用する=しっかりとアクセルを踏む、ということです。

アクセルをしっかり踏んで、4輪をしっかりと動かす。ブレーキを踏むためにあるわけではないんですね。

では、どんな状況でAWDを使うことになるのでしょうか。

スキー場などの雪があるところへ行く

スキー場近くは、道路は雪面がかたまった道になっている場合が多いです。夜のうちに雪がふった、まだ誰も走っていない雪面を行くなら、AWDシステムはしっかりと役立ってくれるでしょう。

土砂降りの雨

大雨の道路。AWDが役に立つと思いきや、前輪がスリップするような状況でなければAWDは有効には動きません。どこがスリップしても前に行く力が確保されるという安心感はありますが、ちょっとしたスリップならFF車でも強引に走っていけます。

どろどろのぬかるみ

こんなところ、ボルボで走りたいですか?(笑)私は絶対に行かない!

でもぬかるみはすべてのタイヤがしっかり回らないと走れませんから、AWDシステムが役に立ちます。

アクセルを踏むシチュエーションで考えましょう

FFをしっかり理解しよう

FF車は雪道、雨、坂道(上り坂)には強いといわれています。

これは前輪の上に、車の中で一番重い部品「エンジン」が搭載されているから。

エンジンの重みでタイヤがしっかり路面と密着するので、トラクション性能を確保することができるのですね。

十分なトラクション性能があるので、スタッドレスタイヤを履いていれば、雪道もしっかり走ることができます。

AWDは、プラスアルファの性能を付与できると考えられます。

下取り時の有効性

お金のイメージ

走行するシチュエーションで、おおよそ自分にあったものはわかるかと思いますが、ひとつ懸念があります。

それは、下取り時の査定の高さです。

SUVの形をしている以上、AWD搭載車のほうが人気が出ます。

中古車市場では、性能を超えて人気度で価格が随分かわる場合があります。

XC40はAWDとFFの価格差が20万円ですが、中古市場に出回る時には20万円以上の差がでる場合もあります。

また、AWDの20万円分は値落ちしない、とも捉えられます。

でしたら、万が一の安全費用と思って、AWDを選ぶのはいい手だと思いますね。

下取りを考えるとAWDは有利

トルク配分とか知りたい

ギアボックス

例えばスバルのAWDは、前輪:後輪が45:55とか、60:40とか書かれていますよね。

もし45:55のトルク配分に興味があるなら、ボルボのAWDはやめたほうがいいでしょう。

45:55は走行パフォーマンスを高めるための重量配分で、フロントにエンジンが乗る車だと考えればFRに近い挙動になります。

ボルボのAWDは「自動的に最適な」そして「安全な」調整がされているはずですから、しっかりトルク配分をしなくてはならない、4輪がスリップするような状況なら、車の重量配分と同じトルク配分を取るはずです。

そして、街中は燃費を稼ぐために、ほぼFFとして走るでしょう。

ですので、走り屋さんにはオススメできないAWDです。トルク配分が気になる=走行性能が気になる、ですから、気になって仕方ないのでしたら、ボルボではなく他者の車をオススメしますよ。

ボルボのAWDは、あくまでも安全機能のひとつです。

トルク配分が気になるならボルボはオススメしない

FF vs AWD まとめ

街中でファッションとして乗りたい、雪道には行かない、燃費は良いほうがいいなら、断然FFモデルです。

ただし、ファッションについてだけ言えば、豪華モデルのInscriptionはAWDモデルしかありません。(2018年7月現在)

Momentumに「ホワイトカラールーフ」のオプションと18インチホイールをつけてもいいのですけれど、そこまで出すなら上のモデルが選べるかと。

雪道を走る、より高い安全性を確保したいなら、AWDモデルがいいです。XC40もAWDモデルのほうが多いので、選ぶ選択の幅も増えますよね。

というか、悩む必要がなくなる?

それともうひとつだけ付け加えると。

あとあとAWDをつければよかった!というシチュエーションになった時。

たった20万円の差ですよ?20万円払っておけばよかったと、絶対になります。これは確実。私も経験がありますから。

つまりいろいろ書きましたが、T4すっぴんモデル指名買い以外は、AWDモデルが買い、と言い切ります。

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。