V90の居心地の良さに感激!インテリアを細かく見よう

ボルボV90のインテリア写真をメインに、V90の素晴らしいポイントを押さえます。

ボルボのフラッグシップといえば、XC90。しかしリアシートのおもてなし感はV90に軍配があがります。

また、SUVルックで実用感が漂うXC90に比べれば、V90の堂々とした雰囲気はさすが。スペース効率を気にすることなく贅沢に使い、触り心地、乗り心地まで追求するV90は、自動車の楽しみ方はこうだと言わんばかりです。

今回は珍しくディーラーで展示されていたV90の写真を放出です。他にお客様がいらっしゃったので、近接写真が多いです。

V90のエクステリア

V90のフロント

スポーティ感を醸し出しつつ、ボルボとしては少し強めの押し出し感をたずさえた、圧倒的に美しいV90のフロントマスクです。

当然ですが、歴代のボルボの中でも特に高級感を感じるデザインは、丁寧に調整されたシンプルなエッジによるもの。無駄にエッジを効かせすぎないのがボルボ流です。

V90のサイド

ドアグリップにまでメッキが使われ、ひとクラス違うんだぞ、という主張が素晴らしいV90のサイド。V70の後継車として作られはしましたが、ここまでツール感が無くなればV70ユーザーも自動車選びを考え直します。

いい意味でも、悪い意味でもV70とは方向性の違いが明確になったモデルですね。

展示モデル V90 D4 Inscription
車両価格 7,940,000円
オプション クリスタルホワイトパールペイント
オプション合計価格 103,000円
カラー クリスタルホワイトパール/ブロンド内装
車両サイズ 4,935 x 1,890 x 1,475

V90フロントエリア

コックピット周り

V90のコックピット

お邪魔します!

相変わらず美しいハンドルと、XC90に通ずるグラマス感を感じさせるコックピット周り。いや、XC60寄りかな?

他の車種と同じであろうデバイス関係を使いながらも、よくもこんなに雰囲気を変えてくるな、という印象です。やはりウッドの素材感の違いでしょうか。

V90のシフトまわり

賛否両論のシフト周り。

バッテリーの搭載も考えられているためか、少し高めに配置されたコンソールまわり。包まれ感があると言えばいい。開放感がないと言えばない。

世界で60万台しか売れないボルボは、内装の個々のデバイスを共通化しなくてはならない事は理解できますが、スイッチ類のデザインを変えるなりV90との差別化は欲しいと感じます。

ただ、デバイス以外のパーツはすばらしく、上の写真もステッチがしっかり入っているのがお分かりでしょう。

コックピット周り装備 Mo In TW In
本革巻/シルクメタル・ステアリングホイール
ステアリング・ホイールヒーター OP
オレフォス社製クリスタルシフトノブ

●:標準装備 色付き●:ブログ紹介装備 -:設定なし OP:メーカーオプション

<Mo>:Momentum    <In>:Inscription  <TW>:TwinEngine

助手席〜ドア周り

V90のダッシュボード

ダッシュボード周りです。

基本的に妥協点はなく、ウッドパーツは重そうな質感が素晴らしいです。

少しメッキパーツが目立ちますが、それでもライバルの輸入車に比べれば大人しめ。ダッシュボード上部などの素材感は「テイラーダッシュボード」と言われるもの。何もここまで拘らなくったって。。。と思ってしまいますが、今や高級車の標準ですから仕方ないし、この価格帯だから当然付いていてほしい装備なのです。

V90のダッシュボードズーム

ちょっとズームです。サイドまでしっかりと作り込まれているのがおわかりでしょう。

見た目だけか?と言われれば、万が一衝突したときのダメージ吸収の役割も期待できる、少し柔らかい触り心地が印象的でした。

V90のフロントドアインテリア

こちらの写真はフロントドアのインテリア。

数多くのステッチがさりげなくオシャレを演出です。フロントシートのメモリースイッチはドアについていますね。

スピーカーのメッシュ素材と合わせてあるのが印象的ですが、ちょっと形も色もエグいかなって感じます。

助手席〜ドア周り Mo In TW In
Harman/Kardonサウンドシステム
Bowers&Wilkinsサウンドシステム OP OP OP
テイラーダッシュボード・インナードアパネルトップ

●:標準装備 色付き●:ブログ紹介装備 -:設定なし OP:メーカーオプション

<Mo>:Momentum    <In>:Inscription  <TW>:TwinEngine

フロントシート

V90のフロントシート座面

メモリーボタンがドアに移ったため、操作パネル部分を薄く加工することに成功した、ファインナッパレザー仕様の新世代ボルボシート。

ランバーサポートは慣れないと少し違和感が出ます。日本人は小さいですからね。必要の無い人も多いんじゃないかな。

V90のフロントシート

分厚いシート。

からだ中全てをサポートしてくれるボルボのシートは、あまり揺れないボルボV90の中で、さらに優しくGを受け止めてくれます。

沢山の通気口が開いているのに、手触りがザラザラしないのが素晴らしい。

フロントシート Mo In TW In
8ウェイパワーシート
助手席シートメモリー
シートヒーター
マッサージ機構
本革
ファインナッパレザー

●:標準装備 色付き●:ブログ紹介装備 -:設定なし OP:メーカーオプション

<Mo>:Momentum    <In>:Inscription  <TW>:TwinEngine

V90のリア周り

リアシート

V90のリアシート座面

シート繋がりでリアはシートから紹介します。

たっぷりと余裕のあるリアシート。ボルボは各モデルで共通の部品をよく使います。フロントシートもそうですね。

ところがリアシートは共通化するわけにはいかず、専用設計になっています。

ボルボV90のリアシートは、お客様をおもてなしする事も考えられていて質感も座り心地も申し分なし。自分はここでいいや、と言いたくなりますね(^^)

ボルボ ISOFIXアタッチメント

当然のように存在するISO-FIXアタッチメント。

そうそう、ボルボは日本車などに多く見られる、シートベルトを全て出し切ってから戻すとホールドされる機能「ALR」は付いていません。

どう考えても子供の首が締まる機構ですからね。素直にISO-FIX対応チャイルドシートをつければいいのです。

V90のリアドアインテリア

リアのドア周り。フロントと同じ意匠ですが。。。

スピーカーの色が変わっています。フロントシートもベージュのスピーカーにすればいいのにね。

こちらもステッチがさりげなくついていて、触る部分の高級感をあげています。

リアシート Mo In TW In
リアシートヒーター
インテグレーテッドチャイルドクッション OP OP OP
ISO-FIXアタッチメント

●:標準装備 色付き●:ブログ紹介装備 -:設定なし OP:メーカーオプション

<Mo>:Momentum    <In>:Inscription  <TW>:TwinEngine

リアエアコン

V90のリアエアコンコントローラー

リアのエアコン操作パネル。

基本的に4ゾーンエアコン。それぞれの席の人が自由にエアコンの温度を決められるなんて、贅沢だわ。

ちなみにTwinEngine仕様車は2ゾーンになってしまいます。惜しい。

V90のリア送風口

リアシートのエアコン吹き出し口はドアにも付いています。

なんだか小型ジェット機にでも乗っているような気分に浸れる、落ち着いた空間と快適な装備類。さすがV90だなと関心させられます。

リアエアコン Mo In TW In
4ゾーンエアコン
リア用エアコンディショナー送風口(扉側)
リア用エアコンディショナー送風口(コンソール側)

●:標準装備 色付き●:ブログ紹介装備 -:設定なし OP:メーカーオプション

<Mo>:Momentum    <In>:Inscription  <TW>:TwinEngine

程よい高級感に誰もが納得

V90のリアからフロントを見る

そして最後に、リアシートからの眺めです。

フロントシートに対してのリアシートの座面の高さはあまり変わらなく、フロントの大きなシートも相まって前方の眺めは今ひとつ。

いや、いまひとつでいいんです。外から見えないようにする必要もあるのです。

しかも少し無骨なピラー類とシンプルでも高級感満載のインテリアで、リアに座る人のお持て成しには充分でしょう。

この上となると、XC90エクセレンスだけになります。車高が低い方が乗り心地は良いですから、重役を乗せる機会のある方にはV90をオススメしますよ!

おまけ座談会

このブログの名物にしようと密かに考えている座談会コーナー。

もう少しかっこいい名前がつけばいいのだけれども、ね。

今回も少しおしゃべりしちゃいます。

 

マコ「V90に触ってきました!どうせ手が届かないけれど、いつかこんな車に乗りたいな、と思いましたね〜」

シンゴ「どんなところが?」

マコ「やっぱりエクステリアですかね。堂々としたデザインは最高!V60より一回り”分厚い”感じが好印象です。」

エイジ「”分厚い”ですか、確かにそうですね(笑)フロントは端正な造形、リアは流れるような印象。かっこいいと言うか、やはりボルボらしく美しいエクステリアです。」

シンゴ「インテリアはどうかな。ここまでの文中に見られたように、共通パーツが多いのが気になるけれど。」

エイジ「そうですね。機能パーツはどれも60シリーズと共通化されています。デザインの拘りで値段を上げているようにも見えます。明らかに60シリーズよりは上の内装ではあるのですが。」

マコ「私はV60の方が洗練されていると感じます。V90は少し”もったり”した感じがあります。」

シンゴ「”もったり”ね(笑)感覚としてはそうなのかもね?」

エイジ「ですね。このクラスではスポーティ感は必要ないですから、趣向の違いと言える差ではありますよ。重厚感は演出しないといけません。」

マコ「V60は軽快感が重要という事?」

エイジ「はい。まあ確かに、V60は後発ですから細かく見れば良くできています。でも見比べれば圧倒的にV90が上なんですよ。」

V60運転席

V60のインテリア。Momentum+本革だが、V90に比べれば多少チープ感は否めない。

エイジ「私は、ボルボの都合ではありますがV90クラスのパーツがV60にも奢られている、と考えればいいかなと思いますね。」

マコ「えー、でもV90ユーザーがかわいそうですよ。200万円近くの差があるんですよ?せめて手触りくらいは良くしないと。」

シンゴ「ふむう。ま、確かにV90にもなって、シフトレバーさえもオレフォス社製でないとか、ちょっと控えめだよね。エンジンスタートストップボタンも、見た目からして軽そうだし。」

エイジ「ええ、私もそう感じます(笑)だからこそ、下から上へ、でなくて、上から下へ、と考えた方がいいんですよね。」

マコ「うーん、まあV40でさえもフロントシートはしっかりしているから、そうなのかもしれませんけど。。。」

エイジ「それと、ボルボがお金をかける優先度が、内装の個々のパーツでない、と捉えられなくもないのです。」

シンゴ「というと?」

V90のフロント

エイジ「V90はボルボのワゴンの中でも、ひときわ伸びやかなボディラインを持ちます。その分重量はかさむわけですよ。車両重量は1,770kgです。立派なエクステリアを作った上で、最初に考えないといけないのは、衝突安全性からでしょう?」

シンゴ「SPAパッケージの最初のワゴンだったからね。ボルボの安全神話を考える上で、XC90できあがっているインテリアパーツよりは、衝突安全性に集中するほうがいいか。」

マコ「もしや、XC60やV60もその流れなのかしら。」

エイジ「でしょうね。ただ、90シリーズで作り上げた技術を使ってダウンサイジングしていけばいいので、V60はインテリアなどに気を向かす事はできたのではないですかね。半年後に出てくるXC60なんて、カーオブザイヤーですから(笑)」

シンゴ「意外と4年目のマイナーチェンジで大化けしてくるかもしれないね。XC90はかなりのテコ入れで、マイルドハイブリッドやら6シーターやらが入ってくる。少し待ち時間が長いけど、今後も期待できるフラッグシップだね。」

良い車だけど課題は多い

車はデザインだけでは選べません。

トータルのパケージングの良さ、ドライバーとの相性の良さ、後ろに載せる人への配慮、環境性能。どれも高い次元にいるのが、フラッグシップです。

V90は他の輸入車と比べても、随分高い位置までたどり着いたようです。

あとはもう少し、文中で触れているシフトノブや、TwinEngine仕様での2ゾーンエアコン化などに取り組んでほしいと感じます。その時、真にドイツ車と渡り合えるフラッグシップになったと言えるでしょう。

 

お読みいただき、ありがとうございました!

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。