ボルボV40のシフトレバーが安っぽいと ボルボファンとして敢えて言う

ボルボV40のシフトレバーは、とてもプラスチッキーで安っぽい。

私はボルボのファンです。過去のPSA時代は別としても、中国企業傘下に入ることなどはまったく問題視していません。

そんなファンとして一言、いいたい。

シフトレバーが安っぽすぎる!

なぜ安っぽいのか?詳しく説明します。

中が空洞のようだ

分解したわけではありません。しかし、触ると感じるのです。空洞っぽい?

シフト操作は軽やかだし、シフトを変えるときに「クイックイッ」という、段差を越える感触もいいです。

ですが、とても安っぽい。触り心地が、安っぽい

叩いても響かないくらい、硬い。正直中が空洞かどうか、さわっただけではわかりません。

しかし、安っぽいのです。

熱がすぐに伝わる

免許をとってから2回、マニュアルトランスミッションの車に乗りました。ですので、左手はいつもシフトレバーを握っていることが多いのです。

すると、シフトレバーがどんどん、暖かくなってきます。

この温まる速さが早い。つまり、空洞なのではないか!?と疑ってしまうのです。

スポーツモードに変えるとき、かるく「キュイ」と音がする。

ここが一番、安っぽく感じるでしょう。

プラスチックが軋(きし)むような音がするのです。

その音が手の感触で響いてくる。こういう動きひとつひとつが、安っぽい。

ボルボ車って、V50の時から内装のきしみ音をよく聞きました。

軽く400万円は越える車なのです。マークXどころではないのです。

このあたり、しっかりと手当てしてほしいなど思います。

気にしないために

気にしない方法は、とても簡単、0円です。方法は、あまり触らない事。

ハンドルにペダルがついているので、シフトチェンジはこちらで行った方が楽です。

一度おぼえてしまうと、シフトに手を伸ばそうと思わなくなってきます。

一部がダメでも、他がよければ全て良し、のボルボです。

シフトカバーをつけて誤魔化す

手触りは随分違うはずです。本革などで作られている、シフトカバーをつけちゃいましょう。

ブラウザの検索に、「V40 シフトノブ 交換」など入力すると、出てきます。

問題は、イルミネーションが見えなくなる事ですね。

あぁ、ライトが入っているからシフトが安っぽく感じるのか。いま納得。やっぱり空洞かな。

これからボルボを購入する人は要チェック

シフトカバーなんてものが売っているのですから、シフトカバーは大事なものなのでしょう。

これからボルボを買う人は要チェック

たぶんV40で一番安いのは、このシフトレバーだと思います。

それくらい、安っぽい。

ボルボはプレミアムカーなのですから、こんなところで妥協してほしくなかった。

これから購入しようと検討している方、是非じっくりシフトレバーを触って、確かめてください。

いつも手に触れるところですから、触れるたびに安っぽいと感じると、ストレスになってしまいます。

私はボルボがすきです。ここも納得して買いました。

ボルボ本社さん、シフトレバー安っぽいよ。なんとかしてほしいよ。

 

>aboutVOLVOについて

aboutVOLVOについて

aboutVOLVOは、スウェーデン発の高級車ボルボと輸入車の情報をお伝えする、自動車ブログメディアです。
300以上の記事を用意しています。お好みにあった記事をみつけてください。ご感想もお待ちしております。